講談社BOOK倶楽部

『成功率百パーセントのダイエット』小前亮|日常の謎|webメフィスト
webメフィスト
講談社ノベルス

日常の謎

成功率百パーセントのダイエット

小前亮(こまえりょう)

 私の勤める会社―らいとすたっふという作家事務所―では、一日におよそ二分の一本の大根を消費する。平均ではなくて、毎日欠かさずだ。

 飲食業なら少なすぎるが、一般家庭としては多すぎる消費量である。らいとすたっふの人員は社長以下三名なので、一人あたりにすると、おでんの大根二個分くらいが消費されている計算になる。

 そんなにたくさんの大根を何に使っているのか。

 締め切りを破った作家を殴るわけでもなく、社判が大根でできていてしかも使い捨てなわけでもない。

 当然ながら、食べているのである。だが、一般の日本人は、そしてたぶん世界のどの地域の人も、毎日そんなに大根を食べたりはしないだろう。

 ただ一人、らいとすたっふ社員Nをのぞいては。

 社員食堂担当として、昼食を作ってくれるNは、近年、「大根おろしダイエット」をつづけている。それで、毎日大量の大根を消費するのだ。

 大根おろしダイエット。

 発音してみれば、「だ」の力強いひびきが「絶対やせる」という決意をうながし、心地よいリズムが精神を高揚させる。文字にしたときの、漢字、ひらがな、カタカナのバランスも秀逸だ。

 たとえば、「りんごダイエット」と比べてみれば、その差は歴然であろう(「巻くだけダイエット」とは互角の勝負だ)。

 実際の効果は、というと、なんと成功率百パーセントである。

 Nは十キロ以上の減量に成功しており、リバウンドもない(他に実践者はいない)。

 この絶大な効果を誇る大根おろしダイエット、やり方はとても簡単である。

 昼か夜、ご飯の代わりに大根おろしを食べるだけだ。おかずは普通に食べていい。適度な量なら、おやつに甘いものや煎餅を食べるのもいいらしい。

 お茶碗に一杯の大根おろし。不思議な光景である。たとえば、サンマの塩焼きと大根おろし、それにかぼすをしぼって、ほかほかのご飯と一緒に食べる。これは口福というものだ。しらすに大根おろし、醤油をちょっとかけて、ご飯をかきこむのもいい。

 だが、Nのお茶碗にはご飯は入っていないのである。

 ここで、代表的なおかずとして、鯖の味噌煮を想像してみよう。湯気とともにたちのぼる味噌の香りに包まれて、最初の一切れを口に運ぶ。よくしまった身を囓みしめると、魚の旨みが広がって、甘辛い煮汁とからむ。

 そこでほかほかのご飯……ではなくて、冷たい大根おろしである。口中の温度は急に下がり、歯ごたえのなさに、咀嚼が止まる。舌の周りにからみつくような辛味が痛い。刺激が鼻に抜けたら、もはや食事どころではなくなる。

 ……ご飯と大根おろしの共通点は、白いことだけだ。「おしん」で有名な大根飯を思い起こされる方もいるだろう。あれは雑穀を大根のみじんぎりと一緒に炊いたもので、発想は似ているが、その性質は異なる。

 代用品として使うなら、せめて歯ごたえはあってほしいではないか。

 とはいえ、大根おろしとご飯の相性はよい。ご飯のお供のなかで、大根おろしとマッチするものもある。

 納豆は定番といえよう。昆布の佃煮なども、いけるほうだ。意外なことに、梅干しはよくあう。逆に、塩辛は絶対やめておいたほうがいい。漬け物の類もあわないと思う。なぜわかるのか。それは、かよわい胃を守るため、私もNにつきあって毎日大根おろしを食べているからだ。ただし、これ以上やせると困るので、ご飯は抜いていない。私が食べているのは大根おろし飯めしである。

 大根おろしは昔から、「お餅と一緒に食べると胃がもたれない」とか、「蜂蜜と混ぜて飲むと風邪が治る」とか言われてきたように、身体にいいことはまちがいない。

 科学的に言うと、消化酵素ジアスターゼが脂質やでんぷんの消化を助け、ビタミンCが体調を整えてくれる。これらは熱を加えると失われてしまうので、大根おろしで食べなければ駄目だ。

 Nはなぜか誇らしげに嘆く。「大根が高かったから、一週間ひかえていたら、肌荒れして大変だった」

大根おろしには、肌を美しく保つ効果もあるらしい。

 そしてもうひとつ忘れてはならないのは、毎日大根おろしを食べるには、毎日大根をおろさねばならないということだ。

 両腕と足腰のトレーニング効果は高いだろう。ちなみに、大根は速くおろすと辛くなってしまうので、ゆっくりとおろさねばならない。

 あまりに重労働なので、らいとすたっふでは、業務用の大根おろし機の導入を検討したことがある。何と八十万もするのであきらめたが、五万くらいだったら買っていたかもしれない。

 さて、ここまでの説明で、大根おろし飯の効能については理解いただけたと思う。だが、飯抜きの大根おろしは、かなりハードである。ダイエットという目的がなければ、とてもつづけられるものではない。

 はたして、大根おろしダイエットは本当に効果があるのか。効果があるなら、ダイエット本を出して、一儲けしたい。

 だが、Nは言う。「絶対ダメ」「やっぱり、使用前使用後の写真を出すのが嫌だとか?」「ちがう。そんなことしてブームになったら、私が大根買えなくなるから」

 ……どうでしょう。本当に効果がある気がしてきませんか?

Backnumber

My Precious講談社ノベルス 立ち読みメフィスト あとがきのあとがき 日常の謎
メフィスト賞とは?