講談社BOOK倶楽部

講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部

講談社ノベルス

  • 『今昔百鬼拾遺 月』
  • 『古事記異聞 京の怨霊、元出雲』
  • 『またね家族』
  • 『medium 霊媒探偵 城塚翡翠』
  • 『線は、僕を描く』
『今昔百鬼拾遺 月』京極夏彦
『『古事記異聞 京の怨霊、元出雲』高田崇史
『またね家族』松居大悟
『medium 霊媒探偵 城塚翡翠』相沢沙呼
『線は、僕を描く』砥上裕將
「あの本」ただいま進行中! 気になるあの本の進行状況をいち早くお届け!
「あの本」ただいま進行中!

News

2020.01.20

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 相沢沙呼 三冠達成!

「このミステリーがすごい!」(宝島社)2020年版国内篇 第一位
「本格ミステリ・ベスト10」(原書房)2020年版国内ランキング 第一位
「2019年ベストブック」(Apple Books)2019年ベストミステリー

2020.01.20

『線は、僕を描く』 砥上裕將

※王様のブランチ BOOK大賞2019 に決定!

※TBS系毎週土曜あさ9時30分より生放送

「未来屋小説大賞」第3位
「キノベス! 2020」第6位

講談社ノベルス 今月の新刊

8月7日頃刊行
『今昔百鬼拾遺 月』
『今昔百鬼拾遺 月』

著者:京極夏彦

鬼の因縁か、
河童の呪いか、天狗攫いか──
昭和29年。
連続する怪事件の残酷(リアル)な真相。

講談社単行本 今月の新刊

8月7日配信開始
『メフィスト2020 VOL.2』
『メフィスト2020 VOL.2』

メフィスト編集部・編

中山七里・御子柴弁護士シリーズ最新作「殺戮の狂詩曲」連載開始。大ヒット『線は、僕を描く』の砥上裕將・デビュー後第一作「盲目の海に浮かぶ孤島を探して」も掲載。最初から最後まで面白く読める作品ばかり!

講談社単行本 今月の新刊

8月19日頃刊行
『夢魔の牢獄』
『夢魔の牢獄』

著者:西澤保彦

男は22年前の友人たちに憑依する。
迷宮入り殺人事件の真相を追って。
タイムリープ・ミステリの金字塔『七回死んだ男』をしのぐ衝撃!

次回刊行予定

単行本

  • 9月9日頃発売予定
    『数学者の夏』

    著者:藤本ひとみ

    ──リーマン予想に挑む天才高校生が、ある村を揺るがす事件に巻き込まれ──!?

  • 9月16日頃発売予定
    『私の中にいる』

    著者:黒澤いづみ

    ──十歳の娘が母親を殺した。その日から、「何か」が生まれた。
    メフィスト賞受賞作『人間に向いてない』を上回る、致命傷必至の最新作!

講談社ノベルス作家リンクはこちら tree

西尾維新公式情報

西尾維新アニメプロジェクト

『線は、僕を描く』公式サイト 高田崇史ONLINE