講談社BOOK倶楽部

『腐れ縁』最東対地|日常の謎|webメフィスト
webメフィスト
講談社ノベルス

日常の謎

『腐れ縁』最東対地

最東対地

 普段から怖いことばかり考えているので、「謎」とは親戚みたいなものだが……これはこれで難しい。しかも「日常」というオマケ付きである。

 あれを書けば怪談になる。それを書けば胡散臭い。

 耳から粉が吹くほど考えてみてようやくひとつ、ちょっとした「謎」に再会した。その謎とは、とある友人との「腐れ縁」についてだ。

 私には5歳から付き合いのある幼馴染がいる。残念ながら男だ。その男の名をMとしておく。

 小学校に入ってすぐ、私はMが人気者の素質を持つ男だと思い知ることとなる。もともとユーモアのセンスに長けた奴だったが、団体生活の中でそれが開花したのだ。

 たちまち彼はクラスの中心となり、やがて学年の中心となった。なにをやっても許され、なにをしても騒がれる。

 幼馴染の特権として、私は一番近くでMを見ていた。そして、子供ながらに彼のポテンシャルの高さに舌を巻いた。悔しさからMの真似をしてふざけてみるが、悉くうまくいかない。

 同じ行為をして、奴は大うけ。私は気味悪がられる。憧れと嫉妬は紙一重だった。

 いつしか、「自分とMとは全く違う世界の人間なのだ」と逃避するようになり、彼をヒーロー視することで折り合いをつけるようになった。

 Mと私は至る所で「偶然」会うことが多かった。

 例えば、夏休み。ひらかたパークのプール。

 Mの実家は酒屋で、世間の休日とは無縁だった。彼がプールに行くのは珍しい。その希少な機会に悉く、会う。

 しまいには私の方から「あ、今日は会うな」という予感を抱くに至った。

 これが不思議と当たり、9割方的中した。重要なのは、これが「願望」ではなく、「予感」であるということだ。

 中でも高校時代のエピソードは外せない。

 とある時、私は学校をサボって原チャリの免許を取りに行った。

 早朝、試験場のある駅に降りると乗客たちの中に見覚えのある人影があった。Mだった。

 実は中学2年の時にMは引っ越してしまい、高校も違う。会う機会は数ヵ月に一度の割合だ。それなのに、会った。

 さすがに普段、「偶然」や「縁」に興味がないMも驚いていた。

「偶然」はそれだけではない。

 お互いに社会人となり独立した頃、ちょうど大阪ではUSJが盛り上がっていた。スパイダーマンのアトラクションが話題となり、客足が伸びたとニュースが報じていた。

 ある時、Mから引っ越しの手伝いを頼まれた。恋人と同棲するらしい。

 新しい部屋はすでにふたりの匂いと生活が染みついていた。住み始めたばかりだが、すっかり馴染んでいるようだった。

 Mの部屋に荷物を運んでいた時、スパイダーマンのタンブラーが飾ってあるのが目に入った。

「あれ、お前USJ行ったんや」

 そう言いつつ目を上げると壁にかけたコルクボードにふたりの写真があった。場所はまさしくUSJだ。

「そうやねん。7月にな……」

 ピンと来た。厭な予感……というのはよく聞く話だが、この時は逆だ。

 私には予感があった。当然、あの「予感」だ。「7月7日か?」

 言い当てた私にMは驚いた。しかし、私にはもう一段階、彼を驚かせる用意があった。

 実はMがUSJを訪れていた日と同じ日、私もUSJに恋人と訪れていたのだ。鉢合わせなかったのは人の多さと、互いにパートナーを連れていたので僅かに波長がずれたからだろうか。

 とにかく、彼が「7月に行った」と言った時点で、私には確信めいたものがあった。その確信は確定となり、私が想像した通りMは驚きを重ねた。

 Mは性格的に私のようにいちいち「偶然」の出来事を覚えてはいないが、それは私にとってひとつの自慢になったのは確かである。時を経て私のヒーローは、「腐れ縁」の友人となった。

 さて、ここまで「腐れ縁」と呼んできたが、本来の意味とはこうだ。

【離れよう、縁を切ろうとしても断ち切れない、好ましくない関係】

 一般に浸透しているイメージとは若干の齟齬があるように感じるが、ひとまずそれは置いておく。

 もしも、奴との縁が好ましくないものだとすると、また意味が違ってくるとは思わないだろうか。

 本来の意味通り、「切ろうとしても断ち切れない」のだとしたら怖い。この先のMとの「偶然」がその表情を一変させるだろう。

 縁とは「前世においての、相手との関係」に大きく依存している……というようなことは古今東西よく聞く話である。

 仮にMと私の縁が前世の関係から続くものだとすると――。

 いや、やめておこう。この話は美談のままで閉じたい。

「前世でMに憎まれている因縁」故にだなんて邪推は。

 ――あ、そういえば「因縁」という言葉にも「縁」という字が入っているな。

Backnumber

My Precious講談社ノベルス 立ち読みメフィスト あとがきのあとがき 日常の謎
メフィスト賞とは?