講談社BOOK倶楽部

『一般人の愚痴と疑問』沼田まほかる|日常の謎|webメフィスト
webメフィスト
講談社ノベルス

日常の謎

一般人の愚痴と疑問

沼田まほかる(ぬまたまほかる)

 今まで黙ってましたけど、実は麻生さんのことがあるまで、私も〈未曾有〉は〈ミゾウユウ〉だと思ってたんですよ。あのときみんな、まるで鬼の首でもとったみたいにはしゃいだでしょう。だから自分もそう読んでたとは言いそびれちゃったんですよね。まあ〈踏襲〉の方は大丈夫だったけど、そのかわり私、数年前に何かで気付くまでずっと〈暴露〉を〈ボウロ〉って読んでましたからね。〈バクロ〉っていうのと意味の似た別の言葉だと思い込んでたんです。他にも、すぐには思い出せないけど、そういうの幾つもありますよ。でも、あなた全然ないですか。みなさん、日常で使う漢字なんか全部完璧に読めちゃうわけですか。そのへんがまず謎なんですよ。

 だいたい何ですかね、あれ。子供たちに向かっては「人の失敗を馬鹿にしたり笑ったりしてはいけません」なんて教育するくせにねえ。一国の首相として〈フシュウ〉はいかがなものかって言うけど、それをあげつらって得々としてる大新聞の方はどうなんですか。いや、その手の記事読んで踊らされてる自分の態度も含めて、反省しているわけですけど。

 それにしても新聞っていうのは、次々と総理大臣になる人たちを、どうしてあんなにいじめるんでしょうね。だって自分たちの首相でしょ。このこと、前から誰かに聞いてみたいと思ってたんですけど、私なんか世の中とか政治とかよくわかってないし、恥かきそうで怖かったんですよ。そうそう、そうなんですよ、私ら一般人には毎日の生活ってものがありますからねえ。そんな問題にばっかり首突っ込んでるわけにいきませんから。

 でもほら、鳩山さんもずいぶん書き立てられたでしょう。あれだけやられたら、腰を据えて政策に取り組むなんて、よけいできなかったんじゃないですか。

 確かに、お金の問題については弁解の余地ないですよ。もうひとりの人みたいに取り込んだんじゃなくて、持ち出したっていうんだけど、ダメはダメですよね、やっぱり。

 ただ、与野党逆転の激動の局面なんだから、他のことでは慣れるまで多少オタオタするのは当たり前だと思うんですよ。鳩山さんも、まさかの流れで総理になったわけだし。しかし、そこのところを少し長い目で見守ろうっていうふうには、ならないんですねえ。支持率下落の記事って、毎回なんかうれしそうに書いてません?

 気のせいかなあ。

 八方美人で言ってることをコロコロ変えるって言われ続けましたけど、率直な人の好さが裏目に出てるような感じで、なんだか気の毒でしたね。せめてまわりの支えがもっとガッチリしてれば違ってたかもしれないけど、あの状況ではそれも望めなかったし。

 そこへ沖縄の基地問題。難しいといえばあんな難しい問題もないですよ。鳩山さんどうこうの前に、いったい、あの時点であれを解決できる人っていたんですか。新聞も無策をこき下ろす記事はいろいろ載せたけど、こうすればどうかという具体案めいたものは読んだ覚えがないですよ。沖縄は気の毒だって、国じゅうがそういう気持ちになったかもしれないけど、じゃあ私たちのところで基地を引き受けましょう、少なくともその可能性を考えてみましょう、というふうにはどこもならなかったでしょう。え、そうですか? 大阪の? あれハシシタじゃなくてハシモトって読むんですか? それは知らなかった。テレビは見ないし新聞はルビないし。で、その橋下知事がそんな発言をしてたんですか。なるほど例として関空を。いや、それも知らなかった。ほらね、不勉強なもんだからこうやってボロ出して恥をかくでしょ。それで、どうなったんですか、その案は。うーん、やっぱり。土台無理ですよね、それ。橋下さんがどれだけ人気者でも、なかなか支持は得られないでしょう。

 正直に言えば私だってね、自分の身近に基地が来るとなるとやっぱりイヤですよ。もしそんな事態になったら、必死で反対すると思いますね。ただ、これがまたまた謎なんですけど、鳩山さんの無策ぶりを非難した人たちは、私みたいに基地はイヤだとは思ってなかったんでしょうか。だってですよ、自分のところにもって来られちゃ困るって胸の中で思いながら、口では鳩山は無能だなんて言えないでしょう、普通。そのへんが、もひとつよくわからないんですけどね。

 そうこうするうちに、いつ辞任するのかって、煽ってるとまで言ったら怒られるだろうけど、なぁーんか待ち構えているような雰囲気の記事が増えていったでしょ。で、いざほんとに辞任したら、ころっと変わって、またもや総理の座を短期間で投げ出した、という論調になりましたよね。あの道連れ辞任にある種鮮やかなものを感じた私みたいな者も結構いたと思うんですけど、そのへんはうやむや。沖縄が気の毒だ、の記事もなぜか激減。

 菅さん就任後しばらくはわりと静かだったけど、そろそろ蜜月も終わりかけて、またぞろ始まってますよね、英語のスピーチ間違えたとか。そんな揚げ足とる前に、やることないんですかねえ。だって、例えばほら、あれ何でしたっけ、内閣官房機密費? 評論家の先生方が一人を除いて全員受け取ってたって?

 どうしてそういうことを最後まで責任もって記事にしてくれないんでしょう。ひょっとして先生方と仲良しだからかなんて、誰でも勘ぐりますよ。何百万円ももらってたって、でもそれ賄賂じゃないんですか。え、賄賂とは違う?

 それならなおのこと、実名出せばいいじゃないですか、悪いことじゃないんだったら。まったく、なにが機密なんだか。そんなところにこっそり税金使われたら腹も立ちますよ。ミゾウユウだフシュウだって書き立てたあの馬力の半分でも、そういう記事をきっちり書く方へ回してほしいですよ。

Backnumber

My Precious講談社ノベルス 立ち読みメフィスト あとがきのあとがき 日常の謎
メフィスト賞とは?