講談社BOOK倶楽部

『薔薇を拒む』 近藤史恵|あとがきのあとがき|webメフィスト
webメフィスト
講談社ノベルス

あとがきのあとがき

『薔薇を拒む』

近藤史恵 (こんどうふみえ)

profile

大阪生まれ。1993年、「凍える島」で第四回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。2008年、『サクリファイス』で第十回大藪春彦賞を受賞。豊かな想像力と巧みな人間描写力を駆使し、さまざまな題材のミステリー作品を発表している。

 ゴシックロマンが好きだ。人知れず山奥に建つ、資産家の洋館。完全に世間から隔離された場所で起こる、ゴージャスでミステリアスな出来事。薔薇園や、バカラのグラス。そして、不思議な運命に翻弄される美少女と美少年。

 そんな話を読むのがなにより好きで、いつかは自分でも書いてみたいと思っていた。

 だが、好きな色と似合う色が必ずしも同じではないように、好きな小説と書いてしっくりくる小説はまったく違うのだ。

 フィクションゆえのゴージャスさに浸りたいのに、いつも私は自分の筆にブレーキをかけてしまう。そんなにリアルな小説を書いているわけではないと思うのに、リアリティという足枷から逃れることができない。

 要するに小市民なのかもしれない。もともと文体自体もあっさりしている方だから、華やかな世界を書くのが苦手なのかもしれない。

 そんなこんなで書きたいなあと思いながらも、先延ばしにしていたとき、「メフィスト」さんから連載の話をいただいた。

 たまたま「小説現代」さんからも同時期に連載をすることが決まっていた。そちらはすでにハードボイルドに近い世界観のものを書くつもりだった。

 同じ出版社での同じ時期の連載。

 だったら、まったくテイストの違うものを書いてみようじゃないか。そう考えたのだ。よって、この小説はできあがった。

 やはり持って生まれた体質は変えられず、ゴシックというのには薄味の作品になったが、それでも少しずつ足下が危うくなっていくような、物語ゆえのはかなさは出せたのではないかと思っている。そんな物語が好きな方は、ぜひ手に取って欲しい。

 七月末に理論社のミステリーYA!から出る『あなたに贈るX(キス)』も、偶然、人里離れた全寮制の学校を舞台にした、どこか危うい、現実感の薄いミステリである。『薔薇を拒む』がグラスに注がれたワインならば、あちらはさくらんぼの浮いたソーダ水のような雰囲気かもしれない。どちらも毒を隠し持っていることは同じだが。

「小説現代」で連載していた『砂漠の悪魔』は、9月末頃刊行の予定である。こちらはまったく違う雰囲気の話なので、楽しんでいただけたら、幸せである。

Backnumber

My Precious講談社ノベルス 立ち読みメフィスト あとがきのあとがき 日常の謎
メフィスト賞とは?