講談社BOOK倶楽部

1810

講談社ノベルス

講談社ノベルス 今月の新刊

10月5日発売
『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』
『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』

著者:高田崇史
定価:本体880円(税別)

素戔嗚尊は大怨霊だった!?  八岐大蛇伝説の真相とは?

『十津川警部 両国駅3番ホームの怪談』
『十津川警部 両国駅3番ホームの怪談』

著者:西村京太郎
定価:本体800円(税別)

幻のホームで不審な出来事。
目撃した青年の周辺で殺人と誘拐の凶悪事件発生!
十津川警部が着目した「知られざる悲劇」とは?

『凪の残響 警視庁捜査一課十一係』
『凪の残響 警視庁捜査一課十一係』

著者:麻見和史
定価:本体900円(税別)

犯人を止めろ。
ただし、その行動は推理不可能。
著作続々ドラマ化!
注目著者の人気警察ミステリ

『オホーツク流氷殺人事件』
『オホーツク流氷殺人事件』

著者:葵 瞬一郎
定価:本体920円(税別)

流氷が運んだ美女の絞殺死体の謎。
人気作家にして名探偵・朝倉聡太、消えた呪いの勾玉と名家を襲う異様な殺人の真相に迫る!
トラベルミステリの新鋭、葵 瞬一郎の最新作!

単行本 今月の新刊

10月26日発売
『幸福の王子 エドマンド』
『幸福の王子 エドマンド』

著者:榛名しおり
定価:本体1,600円(税別)

アングロ=サクソン王朝最末期の王子の物語

『虚飾の王妃 エンマ』
『虚飾の王妃 エンマ』

著者:榛名しおり
定価:本体1,600円(税別)

たったひとりでイングランドを征服した悪女

『電気じかけのクジラは歌う』逸木 裕 『ヴェールドマン仮説』西尾維新 『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE