講談社BOOK倶楽部

aoishunichiro

講談社ノベルス

『オホーツク流氷殺人事件』葵 瞬一郎

『オホーツク流氷殺人事件』

著者:葵 瞬一郎

発売年月日:2018/10/05ノベルス

定価:本体920円(税別)

購入する

流氷が運んだ美女の絞殺死体の謎。
人気作家にして名探偵・朝倉聡太、消えた呪いの勾玉と名家を襲う異様な殺人の真相に迫る!
トラベルミステリの新鋭、葵 瞬一郎の最新作!

極寒の海を覆う流氷の上で、女性の遺体が発見された。胃の中から出てきた異物は美しき勾玉。それは北海道日高の名家・黒石家から消えた、過去に二度の迷宮入り殺戮事件を齎したとされる呪いの家宝であった。オホーツク海の殺人に続いて起きた黒石一族内の連続怪死。警察の捜査が行き詰まるほど常軌を逸した事態、三度迷宮入り必至の難事件に人気作家で名探偵の朝倉聡太が挑む!

担当者コメント

『東海道新幹線殺人事件』から1年。期待の作家・葵瞬一郎の最新作が登場します。財産問題に揺れる地方の一族で起きる奇怪な殺人は本格ミステリの王道。謎を追って北海道を駆ける主人公の姿はトラベルミステリの真髄。探偵小説の面白さが詰まった本書をぜひお楽しみください!

『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『新・水滸後伝』(上)(下) 田中芳樹 『森籠もりの日々』森博嗣 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE