講談社BOOK倶楽部

『カナダ金貨の謎』

講談社ノベルス

『カナダ金貨の謎』
あらすじ

『カナダ金貨の謎』

有栖川有栖


民家で発見された男性の絞殺体――殺害現場から持ち去られていたのは、一枚の「金貨」だった。“完全犯罪”を計画していた犯人を、臨床犯罪学者の火村英生と推理作家の有栖川有栖がロジックで追い詰めていく! 表題作「カナダ金貨の謎」ほか、切れ味鋭い中短編「船長が死んだ夜」「エア・キャット」「あるトリックの蹉跌」「トロッコの行方」を収録。待望の〈国名シリーズ〉第10弾!
著者コメント 著者コメント 有栖川有栖

有栖川有栖 (ありすがわ・ありす)
1959年大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。‘89年『月光ゲーム』でデビュー。 ‘03年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、‘08年『女王国の城』で第8回 本格ミステリ大賞、’18年「火村英生」シリーズで第3回吉川英治文庫賞を受賞。本格ミステリ作家クラブ初代会長。

担当者コメント 担当者コメント

有栖川有栖さんがデビュー30周年を迎える記念すべき今年、〈国名シリーズ〉第10弾『カナダ金貨の謎』が刊行になります! 切れ味鋭い中短編が5編収録された待望の最新作です。昨年発売された〈国名シリーズ〉長編『インド倶楽部の謎』にひきつづき、2年連続で〈国名シリーズ〉が読める幸せ……。デビュー30周年を記念して出版する函入り永久保存の『46番目の密室〈限定愛蔵版〉』と一緒に、ぜひゲットしてください。

有栖川有栖  デビュー30周年記念出版 有栖川有栖  デビュー30周年記念出版
『46番目の密室 限定愛蔵版』 『46番目の密室 限定愛蔵版』

不動の最強コンビ、ここに始まる――。
火村シリーズ」の記念すべき第1作となる『46番目の密室』が、永久保存の限定愛蔵版になって登場。
日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家、真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。彼は自らの46番目のトリックで殺されたのか――。有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第1作。

『46番目の密室 限定愛蔵版』

〈限定愛蔵版〉には、豪華執筆陣〈戸川安宣氏、綾辻行人氏、北村薫氏〉によるエッセイと、『46番目の密室』の原点となった掌篇――著者が大学時代に執筆した「暖炉のある密室」を収録したスペシャルな別冊付き。

購入する

既刊リスト
pagetop