講談社BOOK倶楽部

1805

講談社ノベルス

講談社ノベルス 今月の新刊

5月9日発売
『ψ(プサイ)の悲劇 The Tragedy of ψ』
『ψ(プサイ)の悲劇 The Tragedy of ψ』

著者:森博嗣
定価:本体1,000円(税別)

失踪した元大学教授。遺された小説。殺人事件。
導かれる驚愕の解。

またひとつ連環が明かされる。Gシリーズ後期三部作!

単行本 今月の新刊

5月17日発売
『首の鎖』
『首の鎖』

著者:宮西真冬
定価:本体1,400円(税別)

母×娘
私にだって幸せになる権利はあるはずなのに。
人生のすべてを祖母と母の介護に捧げてきた女は、普通の幸せを求め、堕ちていく。

『虚(うつろ)の聖域 梓凪子の調査報告書』
『虚(うつろ)の聖域 梓凪子の調査報告書』

著者:松嶋智左
定価:本体1,700円(税別)

姉×妹
女の本性は、最後の一行で明かされる――
元警察官の著者が描く、元警察官の探偵・梓凪子。扱う事件は、他人の聖域。

『幸腹(こうふく)な百貨店 催事場で蕎麦屋呑み』
『幸腹(こうふく)な百貨店 催事場で蕎麦屋呑み』

著者:秋川滝美
定価:本体1,300円(税別)

「最後の砦」催事場復活のため
バブル部長・伝治は総力戦で挑むが――

デパートそして若手社員に「未来」を与えるものは?

大人気『居酒屋ぼったくり』の著者による
「熱血」お仕事&グルメ小説!

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE