講談社BOOK倶楽部

1711

講談社ノベルス

講談社ノベルス 今月の新刊

11月7日発売
『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』
『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』

著者:高田崇史
定価:本体880円(税別)

『日本書紀』に一行だけ姿を現す姫神の正体は!?
聖地白山を流れる手取川で発見された不可解な首なし死体!
QED書き下ろし最新作2編収録!

『継続捜査ゼミ』
『継続捜査ゼミ』

著者:今野 敏
定価:本体900円(税別)

元刑事が教授に。学生たちと「捜査」する。
「女子大生×警察」小説、前代未聞の新シリーズ第1弾!

退職警察官の再就職先は女子大だった。
5人の学生とゼミで未解決事件を謎解く!

『パトリオットの引き金 警視庁捜査一課・田島慎吾』
『パトリオットの引き金 警視庁捜査一課・田島慎吾』

著者:梶永正史
定価:本体820円(税別)

警視庁VS.自衛隊

事故死した自衛官の「最後の声」とは?
「潔癖&天然」コンビが驚愕の真相を手繰り寄せる──

「このミス」大賞作家にして警察ミステリーの新鋭による鮮烈作!

 

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE