講談社BOOK倶楽部

takadatakafumi

講談社ノベルス

『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』
著者:高田崇史
価格:880円

購入する

「QED~ortus~」最新刊の「白山の頻闇」は、前回の「月夜見(つくよみ)」事件解決から、ちょうど1年後の話で、奈々と崇が沙織の新婚家庭を訪れることがきっかけとなっています。場所は金沢。テーマは『日本書紀』にもたった1行しか登場しない神、菊理媛神です。この菊理媛神は、白山比咩神大社の主祭神である白山比咩神と同体とされていますが、長い間、根拠のない誹謗中傷にさらされてきました。
では、なぜそんな目に遭わなくてはならなかったのか、その理由は何なのか。いや、それ以前に、菊理媛神とは一体、どんな神だったのか?
それを、奈々と崇たちが追います。
またもう一編の「江戸の弥生闇」は13年ほど時間を戻して、奈々と崇の学生時代のエピソードになります。きっと彼らならば、こんな出来事に出会っていただろうと思って書いてみました。
学生時代の奈々と崇、そして大人になった彼らが直面する事件の両方を、楽しんでいただければ幸いです。

高田崇史(たかだ・たかふみ)

昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒。『QED百人一首の呪』(講談社ノベルス)で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に「QED」シリーズ、「カンナ」シリーズ、「鬼神伝」シリーズ(2011年アニメ映画化)、『軍神の血脈 楠木正成秘伝』などがある。

 今回のQEDは人気の観光地、金沢と浅草が舞台です。取材で訪れた金沢は今年一番の暑さで連日35℃。タクシーの運転手さんに「夏の金沢には来るもんじゃない」と言われるほどの猛暑の中でも高田さんの閃きは止まらず、ついに今回も「菊理媛神(くくりひめのかみ)」の正体が!? そして浅草取材では「明暦(めいれき)」の大火の真相が! 虐げられていた人たちの目線で歴史の謎を解く高田ミステリの醍醐味が味わえます。なんと書き下ろし2本立て。お楽しみくださいませ。

『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『転生(てんせい)の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿』 講談社ノベルス鉄道ミステリフェア開催! 『南柯の夢 鬼籍通覧』 『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『NO推理、NO探偵?』 『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE