講談社BOOK倶楽部

1707

講談社ノベルス

絵本 最新刊

7月3日発売
『おともだち できた?』
『おともだち できた?』

作:恩田陸
絵:石井聖岳
定価:本体1,500円(税別)

『蜜蜂と遠雷』の恩田陸が放つ、驚愕と戦慄の絵本
怖いです。かなり、マジで怖いです。 ──恩田陸

 

講談社ノベルス 最新刊

7月5日発売
『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』
『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』

著者:麻見和史
定価:本体900円(税別)

シリーズ累計40万部突破! 人気警察ミステリ最新作
ショーウインドーに飾られた遺体。
絶体絶命の劇場型犯罪、開幕!

 

単行本 最新刊

7月12日発売
『さいとう市立さいとう高校野球部  おれが先輩?』
『さいとう市立さいとう高校野球部 おれが先輩?

著者:あさのあつこ
定価:本体1,500円(税別)

凸凹タッグで目指せ甲子園!?
『バッテリー』の著者が描く、友情+努力だけじゃない、新しい野球小説!

『紅城奇譚』
『紅城奇譚』

著者:鳥飼否宇
定価:本体1,700円(税別)

奇想、天を焦がし、城を堕とす。

消えた正室の首。忽然と現れた毒盃。悪魔の矢。そして、天守の密室──
本格ミステリ大賞受賞作家が放つ、幻惑の戦国ミステリ!

『化身の哭く森』
『化身の哭(な)く森』

著者:吉田恭教
定価:本体2,000円(税別)

禁断の地に踏み入りし者たちを襲う死の連鎖──

「山に祟られたのかもしれん」
広島・東京、連続する不審死──
怪奇世界と謎解きの妙。
奇想の本格ミステリ!

 

『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE