講談社BOOK倶楽部

yoshidayasunori

講談社ノベルス

『化身の哭(な)く森』

『化身の哭(な)く森』

著者:吉田恭教

発売年月日:2017/7/12単行本

定価:本体2,000円(税別)

購入する

禁断の地に踏み入りし者たちを襲う死の連鎖──

「山に祟られたのかもしれん」
広島・東京、連続する不審死──
怪奇世界と謎解きの妙。
奇想の本格ミステリ!

7年前に消息を絶った祖父の痕跡を探すため、「入(い)らずの山」と呼ばれる地に足を踏み入れた大学生・春日優斗と友人たち。下山後、ほどなくして彼らは次々と死を遂げる。さらには祖父と繋がりのあった探偵も6年前に31歳の若さで亡くなっていた。禁断の地に関わる者たちに訪れる非業の死。これは祟りか、それとも……。広島と東京で起きる死の連鎖に、元刑事の探偵・槙野康平と「鉄仮面」と呼ばれる警視庁捜査一課の刑事・東條有紀が迫る。

担当者コメント

厚生労働省・向井俊介のシリーズや、元刑事の探偵&現役女性刑事コンビのシリーズなど、意欲的に作品を出し続け、ミステリマニアの間でも話題になりつつある著者の最新作です。本書の舞台は現代ですが、全編にわたり描かれる本格ミステリと怪奇世界の融合に「ノスタルジー」を感じる読者も多いはず。横溝作品を楽しんだことのある方ならば、特にオススメ! 驚きの結末まで、目まぐるしく変わる展開に翻弄されつつお楽しみください。

『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『NO推理、NO探偵?』 『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『人類最強のときめき』西尾維新 『誰かが見ている』宮西真冬 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE