講談社BOOK倶楽部

1703

講談社ノベルス

単行本 最新刊

3月14日発売
『しあわせな死の桜』
『しあわせな死の桜』

著者:竹本健治
定価:本体2,200円(税別)

『このミス2017』国内編第1位 『涙香迷宮』の竹本健治が贈る、
軽やかにして深遠なミステリの精華12篇。

磨き抜かれたことばは、鏡となって
あなたの悪夢を映し出す。

『禁じられたジュリエット Juliette et Juliettes Pour Toujours』
『禁じられたジュリエット Juliette et Juliettes Pour Toujours』

著者:古野まほろ
定価:本体1,600円(税別)

「囚人」と「看守」に分けられた女子高生8人。 緊張が極限まで達したとき、殺人は行われた。知と論理により解決に挑む本格ミステリ。 新本格ミステリ30周年記念作品。

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE