講談社BOOK倶楽部

『水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係』麻見和史|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係』麻見和史 東京壊滅(テロ)の危機!! 十一係を襲う未曾有の難事件とは!? 女刑事・如月の推理と捜査が冴える、大人気警察ミステリ!

著者プロフィール

麻見和史(あさみ・かずし) 1965年千葉県生まれ。立教大学文学部卒業。2006年に『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。大学の解剖学教室を舞台にした医療ミステリーで注目を集める。著書に義肢装具士を主人公とした『真夜中のタランテラ』(東京創元社)がある。今後さらなる活躍が期待されるミステリー界の気鋭。

捜査一課十一係 登場人物紹介

麻見和史さん『水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係』刊行記念インタビュー

「警視庁捜査一課十一係」シリーズも3作目になりました。今作と前2作で、あえて変えた部分などはありますか?

『石の繭』は捜査に不慣れな如月塔子が犯人に振り回される話、『蟻の階段』は遺留品捜査の技術を習得する話でした。それらを踏まえて、今回は塔子がさらに成長できるよう、スケールの大きな事件を用意しています。彼女がどのように危機を乗り越えていくかが見どころです。

前回のインタビューで、このシリーズを書くにあたって東京の地勢図を用意されて書き込んでいくと伺いました。物語の舞台はどのように選ぶのですか?

知っている場所のほうが書きやすいので、おもな舞台は土地鑑のある場所から選んでいます。『石の繭』の新橋、『蟻の階段』の南品川、『水晶の鼓動』の木場などです。複数の事件が起こる場合は、移動経路や所要時間を考えて無理のないように設定しています。
この先、書いてみたい場所は銀座、新宿、下北沢辺りです。

十一係に人事異動の予定はありますか?

新メンバーを考えています。実際の組織では定期的に異動がありますし、塔子自身もずっと新米のままではないと思いますので。いずれ彼女が中堅の刑事になれば、鷹野以外の捜査員と組む可能性もありますね。

気になる塔子と鷹野の関係は、今後進展するのでしょうか?

鷹野との関係は少しずつ変わってきています。以前の塔子は研修生的な立場でしたが、最近力をつけてきましたから、そのうち意見が対立するような場面があるかもしれません。私生活の面は……そうですね、これはどうなるでしょう。鷹野がああいう性格ですから、どんな展開になるか予想が難しいところですね。

麻見さんから見て、魅力的な男性キャラを教えてください。

2種類ありまして、ひとつは生真面目で仕事に厳しい、プロフェッショナルタイプの男性。俺が俺がという自己主張はせず、困難な任務を黙々と遂行する人に魅力を感じます。もうひとつは明るく朗らかで、ちょっと抜けているように見えるけれど、じつはいろいろ考えているという男性。
どちらのタイプも、他人への思いやりを持っていてほしいと思います。

塔子にモデルはいますか?

もとは地味でおとなしい女性としか考えていませんでしたが、「身長152.8センチで童顔、大きな鞄を肩に掛けている」というふうにデフォルメしましたので、特定のモデルはいません。書くに当たっては、書籍などで身長が低めの女性について調べました。これは大変参考になりました。

ずばり、塔子は好みのタイプでしょうか?

好みです。努力を惜しまないし、自分の役割を考えて、周囲に気配りできるところがいいですね。ちょっと抜けているようなところもチャームポイントです(笑)。
努力している人がきちんと評価され、報われるという話が書きたいので、塔子には毎回頑張ってもらっています。

麻見さんから見た、このシリーズの読みどころを教えてください。

警察小説の形をとっていますが、組織の問題を描くのではなく、犯人との対決を主眼としています。捜査員が情報を積み上げて推理する、そこで意外な真相が明らかになる、という部分を楽しんでいただければと思います。
あとは、如月塔子の成長ですね。鷹野が理詰めでいくのに対して、彼女は直感で何かを見抜く力を持っています。これからも感性を活かして、先輩たちとは一味違う捜査を見せてくれるはずです。

次回作のアイデアを、少しだけ教えていただけますか?

思わぬ場所から切断遺体が発見されるという、猟奇殺人の話を準備しています。今、十一係のメンバーで進めるか、それとも別の刑事に担当させるか検討しているところです。かなり密度の高い話になると思いますので、ご期待ください。

読者の方にメッセージをお願いします。

おかげさまで十一係シリーズも3作目となりました。いくつもの難事件が起こりますが、刑事たちは全力で取り組み、困難な局面でも決してあきらめません。それが捜査のプロというものだと思います。
これからも、読んだあと前向きな気持ちになれるような作品を書き続けたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

担当者コメント

刑事・如月塔子が、捜査一課十一係の仲間たちとともに、凶悪難事件に挑む人気シリーズ。最新作がついに刊行です!
事件現場に残された、本当にわずかな手掛かり。犯人だって必死に犯行を隠そうとするわけですから、手掛かりはないも同然です。そんな不利な状況をひっくり返すべく、等身大の刑事たちが、懸命に捜査を進める様子に心打たれます! 謎解きの面白さあり、警察組織ならではのドラマあり、今いちばん面白い警察ミステリです。ぜひお読みください。

捜査一課十一係シリーズ 事件マップ

map01

map02

map03

map04

map05

map06

map07

map08

既刊リスト

  • 『石の繭 警視庁捜査一課十一係』

    『石の繭 警視庁捜査一課十一係』
    大ヒット小説の仕掛け人オススメ!
    白熱する頭脳戦と予想外の結末は必読! ――梅原潤一さん(有隣堂アトレ恵比寿店)
    新米女刑事vs.復讐に燃える殺人鬼! ヤバすぎ知能犯!
    講談社ノベルス

  • 『蟻の階段 警視庁捜査一課十一係』

    『蟻の階段 警視庁捜査一課十一係』
    新米刑事・如月塔子が攻めの捜査と推理で挑む!
    疾走する刑事たちの活躍! 骨太警察ミステリー!
    講談社ノベルス

5月の新刊