講談社BOOK倶楽部

『魔界探偵 冥王星O』越前魔太郎|講談社ノベルス

講談社ノベルス

(秋田禎信+人間人間+乙一+折口良乃+相生生音+??+??+)×舞城王太郎=越前魔太郎 魔界探偵 冥王星O 真夏のMAIJO祭!!開催中!
講談社ノベルス
魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD
魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD
「俺に死ねってことかよ」「【冥王星O】。【吸血鬼】の一人娘を保護してもらいたい」魔界探偵の俺に下される指令は、いつも無茶なもんばかりだが、その中でもこいつは格別だ。なるほど、俺に死ねってことかよ。だが……
【彼ら】の館で待ち受けていたのは、不死者(ヴァンパイア)の首無し死体。死ねないヤツが死んで、生きたい探偵は化け物に命を狙われる。生き残りたければ、躊躇うな!語れ!騙れ!すべてを誤魔化せ! 
【冥王星O】、最悪のfrom dusk to dawn(夜が始まる)!
購入する
魔界探偵 冥王星O ジャンクションのJ
魔界探偵 冥王星O ジャンクションのJ
ついに明らかになる【越前魔太郎】の謎!俺は今、無意味な物語を拾い、読みながら歩いている。存在理由としての食餌。消える記憶と、脳内に潜む探偵。逢うたびに顔の変わる恋人。交錯する複数の【冥王星O】。……【冥王星O】? それは――俺の名だ。物語を紡ぎ続ける【越前魔太郎】とは一体何者なのか。知らぬうちに裏返る世界は、まるでメビウスの輪。重なり合う運命の交差点で、謎は解かれ、現実は崩壊する!
購入する
魔界探偵 冥王星OホーマーのH
魔界探偵 冥王星OホーマーのH
その男の右手には悪魔が住む尋常ではない剛力で、心臓をくりぬかれた複数の死体。異常にして不可解。無情にして不条理。非常にして不可思議。混迷を極める事件に俺――【冥王星O】は調査を開始した。謎の鍵を握るのは、【涙を流す女】と【傅く女】、そして俺に襲いかかる、奇妙な【右手を隠す男】。だが、何故か俺はこの男を憎むことができない。追いかけるほどに、霞がかる事件に、ただ呑み込まれる俺。終幕に待ち受けるのは、勝利か、敗北か、それとも……。
購入する
魔界探偵 冥王星OヴァイオリンのV
魔界探偵 冥王星OヴァイオリンのV
涙の成分は、血の成分とおなじなのだ。だから、泣くということは、血をながしているのといっしょだ。【冥王星O】と名乗る男が、世界の秘密を語る……。「なぁ、この世界のヒエラルキー頂点に位置するのは人間だと思っていないか?それは大いなる誤解だ」俺は知る。探し求めた彼女--美しい少女の形をした楽器(ヴァイオリン)――に至る道を。「【彼ら】はひっそりと闇の中でくらしている。【彼ら】はひっそりと闇の中でくらしている。【彼ら】と人間の間のトラブルが起こったとき、【冥王星O】――つまり俺の出番ってわけだ」
購入する
電撃文庫
魔界探偵 冥王星OウォーキングのW

魔界探偵 冥王星OウォーキングのW

↓詳しくは電撃文庫のサイトでご確認ください

電撃文庫
電撃文庫MAGAZINE 掲載

魔界探偵 冥王星O フィータスのF

メディアワークス文庫
『魔界探偵 冥王星O ペインのP』

『魔界探偵 冥王星O ペインのP』

『魔界探偵 冥王星O トイボックスのT』

『魔界探偵 冥王星O トイボックスのT』

↓詳しくはメディアワークス文庫のサイトでご確認ください

メディアワークス文庫

越前魔太郎とは?

2010年春、突如として、講談社ノベルスと電撃文庫を股にかけ、衝撃のデビューを果たす、謎の覆面作家。凄まじい執筆量に加え、ホラーやミステリのテイストから、異能力バトル、軽妙なライトノベル的な世界までを描ききる実力派。複数の文体と世界観を紡ぎ出す、その正体は……?

【冥王星O】とは?

なぁ、この世界で食物連鎖の頂点に立っているのは人間だと思っていないか? それは大いなる誤解だ。この世界のヒエラルキーの頂点に位置する【彼ら】は闇の中でくらしている。決して表の(俺たち人間の)世界に出てこようとはしない。【彼ら】について分かっているのは、自分達の存在が人間社会にしられることを極端にきらっているということだけだ。人によく似た形をしている【彼ら】もいるが、まったく別の生き物に見えるモノもいる。

多くはないが【彼ら】と人間の間には、まれにトラブルが起こることもある。【彼ら】の存在の秘密をばらそうと人間に接触したり、はぐれものの【彼ら】が人間を捕食したり、他にもここでは言えないいろんなトラブルがあるんだ。そんなときに【彼ら】は事件を解決させるため、便利屋を雇う。その男が【冥王星O】……つまり俺のことだ。

これを知ってしまったお前にだけは教えてやる。困ったときは、俺の名前を三回、さけびな。
【冥王星O】!【冥王星O】!【冥王星O】!ってな。運が良ければ、助けに行ってやるよ。

栗山千明さん 推薦コメント

『魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV』

「楽器に魅せられた男の転落と始まり。」

出だしから妖艶な世界観に引き込まれました。

手に入れたい物のために全てを捨てて命を賭ける事はバカかもしれませんが、その情熱が何故かかっこよく思えました。

心理戦だけではなく、特殊な能力を持つ【彼ら】との頭を使ったバトルが面白かったです。

読んでゾクゾクする作品でした。

『魔界探偵 冥王星O ウォーキングのW』

「冥王星Oの運命」

小学生のサトアキと冥王星Oの目線で交互に書かれている文章が、最終的にどう繋がるのか考えながら楽しく読めました。

サトアキを通して小学生時代の自分の冒険や友達を思い出しました。

クラスメイトのワルに連れられて初めて体験する事、初めて見る景色……全てが新鮮に感じる。隣街を遠い国のように思っていたり、夜の街が輝かしく見えたり。。。

ちょっとした事で自分は捨て子だったんじゃないか?とか、もしかしたら自分は誰かの代わりなんじゃないか?とか想像して怯えていた事。

小さい頃を一緒に過ごした友達は今どうしてるのかとか、記憶の片隅にいるクラスメイトを思いだし余韻に浸った作品でした。

担当者コメント

講談社ノベルスと電撃文庫が、まさかのコラボレーション!?

どんな化学反応を引き起こすのか――、

そして、越前魔太郎の正体とは――?

越前魔太郎 電撃インタビュー

Q

まずは自己紹介からお願いいたします。

A

越前魔太郎。作家だ。よろしく。

Q

越前魔太郎は本名ですか?

A

おまえ頭だいじょうぶか?

Q

『NECK ネック』という映画に出演されているそうですが。

A

ああ、今夏公開だ。本業は作家だが、そっちも楽しみにしてくれていい。

Q

簡単なプロフィールをお伺いしてもいいでしょうか?

A

乙女座、O型。山口県出身。特技は作曲、ギター演奏、サッカー。趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞。

Q

ずいぶんスラスラと出てきましたけど……、本当ですか?

A

本当だよ。検索してみるといい。舞台やドラマにもよく出演してるんだ(笑)。

Q

ところで、お会いした印象が新鮮でした。

A

あぁ、よくネットとリアルで人格違うっていわれるかもしれない。でもそんなこと重要じゃないだろう、書いてるものが面白ければ。

Q

福井県出身ではないんですか?

A

全然違う。何の話だ?

Q

世間では謎の作家、と呼ばれていますが……。

A

俺はどこぞの芥川賞候補じゃないぜ。今回の話だって断ってたんだ。講談社の食堂でメシをおごってもらえなきゃあ、来なかったぜ。

Q

しゃ、社員食堂でよかったんですか……?

A

構わない。不満は講談社の食堂では酒が飲めないことだけだ。

Q

そ、そうですか。作品が講談社ノベルス、電撃文庫とふたつのレーベルで発売される、ということですが、その意気込みは?

A

周りからは無謀っていわれるんだけど、そうか? 楽勝ラクショー。

Q

「講談社ノベルス」と「電撃文庫」、ふたつのレーベルの印象を教えてください。

A

ふん……。「講談社ノベルス」はなんか高いな。値段が。どうにかしろ。あと「電撃文庫」はなんでもアニメとマンガにすりゃあいいってもんじゃねぇ。いい加減にしろ。

Q

……は、ははは。つ、次の質問です! 隔月の連続リリースの実現。すごいですね!

A

気がつくと原稿ができている。俺はそういう能力者らしい。

Q

能力者……ですか?

A

そうだ。

Q

気づけば原稿ができているという能力?

A

そう思ってもらって構わない。

Q

……わかりました(汗)。では、どういうことがきっかけでこういったプロジェクトが発足したのですか?

A

悪魔召喚よろしく、メフィストの編集者がいきなりやってきやがったことがきっかけといえばそうだ。まあとくに思うところはない。

Q

衝撃のデビューですが、プレッシャーはありませんか?

A

それも全くない。ただ……そうだな、ここに見参ってより、ここに散る、ってほうが俺らしいか。

Q

ところで、好きな小説や漫画などありますか?

A

好きな作家はころころ変わる。漫画は『JOJO』。一番好きなのは四部だな。

Q

最近ハマっていることは?

A

自殺サイトの管理人に脅迫メールを出すことだ。全部で17通送った。

Q

ひとつだけ願いが叶うとしたら何を願いますか?

A

棺から死者蘇生。

Q

休日はどういった過ごし方をしていますか?

A

海のない県で深海魚を探してる。

Q

4月発売の『ヴァイオリンのV』、『ウォーキングのW』についてアピールポイントをお聞 かせください。

A

『V』も『W』も、愛について語っている。これが分からない奴は、人を愛する資格がな いと言っていいだろう。

Q

6月発売の作品はもう書き上がっているのでしょうか?

A

ひとつは終わった。もうひとつはこの取材で受けている今も執筆中だ。俺の能力ではそういうことができる。

Q

すこし前の回答でも、その能力者という言及がありましたが(汗)、もう少し詳しくお聞 かせいただけますか?

A

詳しくは言えない。ただ、ヒントはこのインタビューの中に隠されている。

Q

ヒント……それはつまり能力のヒント?

A

ああ。俺が今まで喋った言葉の中に、越前魔太郎の正体がちりばめられている。能力 についてもそうだ。

Q

もうすこし、わかりやすくご説明いただければと思うのですが……。

A

チッ……。いいか? よく聞けよ。ある日俺はふたつに分かれる夢を見た。ふたつの俺を右と左、それぞれの目で認識していた。ふたつの俺は、なぜか別々に机に座り、パソコンを立ち上げ、小説を書き始めた。そして、朝起きてみたら、パソコンの中にふたつの原稿がデータとして保存されていた。小説がふたつ、完成していた。しかもそれはすべて、俺が書いたと自分で思えるものだった。はじめはただ記憶が錯乱しただけとか、酔っぱらったときに記憶がぶっ飛んだだけだろうと思っていたんだが、どうやらそうじゃない。この【能力】は本物だった。この能力をちゃちなものだと思うだろう? しかし、手から発火するとか、空を飛ぶとか、そんな能力があったところでどうなる? 火を付けたいならマッチもライターも、ガスコンロもある。現代の利器は適材適所に配置されていて、手元に無くても近くには必ず存在する。空を飛ぶことだって、生身で飛べば、ちょっと高度が高けりゃそこはもう氷点下だぜ、それに気圧差に身体が耐え切れねえ。自由に高度を変えて優雅に飛行を楽しむことさえできない。誰もスーパーマンにはなれない。それに比べて、この力は偉大だ。なんたって、自分が書こうと思ったものが、労力無く生まれてくる。これは創造者にとって理想的だ。物語が人に与える影響ってのは目に見えないからこそ恐ろしい。じわじわと真綿で首を絞めるかのごとく、そいつの脳に浸透していくからな。越前魔太郎と聞いて、いてもたってもいられなくなってその作品を買いあさる、そんなことも不可能じゃない。今からそれを実証してみせよう。

Q

は、はあ……。ど、どうも、ありがとうございました。では、最後に一言。

A

ああ、このインタビュー、ほとんど嘘だけど、な。

Q

えぇ!?

A

じゃぁな。

―――― 講談社 文芸図書第三出版部の一室にて。

カバーイラスト壁紙プレゼント
カバーイラスト 壁紙プレゼント

  • 終了いたしました

イラストレータープロフィール

redjuice

イラストレーター、デザイナー。

講談社ノベルス『ルー=ガルー 忌避すべき狼』のカバーイラストを担当。

supercell 『ワールドイズマイン』のイラスト・動画、livetune『Re:Package』『Re:MIKUS』(ビクターエンターテインメント)のカバーアートなどを手がける。近作、『季刊GELATIN2010はる』表紙イラスト。

公式サイト : http://redjuicegraphics.com/

刊行スケジュール

  • 『魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV』

    【冥王星O】と名乗る男が世界の秘密を語る。
    「【彼ら】はひっそりと闇の中でくらしている。
    【彼ら】と人間の間に、トラブルが起こったとき、
    【冥王星O】──つまり俺の出番ってわけだ」

    発売中
    講談社ノベルス

  • 『魔界探偵 冥王星O ウォーキングのW』

    僕の街の近くに、隕石が落ちた。
    その森の中まで夜のピクニックだ。
    ふと、街で蔓延している変な合言葉を
    思い出し口ずさんだ。メーオーセーオー。

    発売中
    電撃文庫

  • 『魔界探偵 冥王星O ホーマーのH』

    心臓をくりぬかれた複数の死体。
    混迷を極める事件に俺【冥王星O】は調査を開始した。
    鍵を握るのは……、俺に襲いかかる、
    【右手を隠す男】。

    発売中
    講談社ノベルス

  • 『魔界探偵 冥王星O ペインのP』

    金星堂。そう呼ばれる建物には、
    ペイン──『痛み』に呪われ、
    『痛み』を使って【彼ら】を狩る
    二人の姉妹が住んでいる。

    発売中
    メディアワークス文庫

  • 『魔界探偵 冥王星O ジャンクションのJ』

    俺は今、無意味な物語を拾い、読みながら歩いている。
    存在理由としての食餌。消える記憶と、脳内に潜む探偵。
    逢うたびに顔の変わる恋人。交錯する複数の【冥王星O】。
    ……【冥王星O】? それは――俺の名だ。
    物語を紡ぎ続ける【越前魔太郎】とは一体何者なのか。
    知らぬうちに裏返る世界は、まるでメビウスの輪。
    重なり合う運命の交差点で、謎は解かれ、現実は崩壊する!

    発売中
    講談社ノベルス

  • 『魔界探偵 冥王星O トイボックスのT』

    目を覚ました。巨大な篭の中で。扉には、大きな南京錠が二つ。
    わたし、閉じこめられてるのか。赤ちゃん用のおもちゃに囲まれて、篭の隅には、仮面をかぶった大男がいた。
    ……これなに?
    それと、今更だけど、わたし、誰? ……そうか。わたし、記憶喪失か。いや、分かってたけどね、本当は。
    さて。またあの気持ちいい夢に耽溺しよう。
    さあ、早くわたしに、狂った男の記憶を注入して。
    ソリッドシチュエーションホラー登場!

    発売中
    メディアワークス文庫

  • 『魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD』

    「【冥王星O】。【吸血鬼】の一人娘を保護してもらいたい」魔界探偵の俺に下される指令は、いつも無茶なもんばかりだが、その中でもこいつは格別だ。なるほど、俺に死ねってことかよ。だが【彼ら】の館で待ち受けていたのは、不死者の首無し死体。おいおい、何だって俺は【吸血鬼】や【人狼】に狙われるんだ!? 生き残りたければ、躊躇うな!語れ!騙れ!すべてを誤魔化せ!  【冥王星O】、最悪のfrom dusk to dawn(夜が始まる)!

    発売中
    講談社ノベルス

『転生(てんせい)の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿』 講談社ノベルス鉄道ミステリフェア開催! 『南柯の夢 鬼籍通覧』 『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『NO推理、NO探偵?』 『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE

9月の新刊