講談社BOOK倶楽部

1809

講談社ノベルス

講談社ノベルス 今月の新刊

9月7日発売
『インド倶楽部の謎』
『インド倶楽部の謎』

著者:有栖川有栖
定価:本体1,250円(税別)

――自分の死ぬ日が、わかるとしたら……。火村&有栖の絶妙コンビ、待望の「国名シリーズ」最新作!

『メーラーデーモンの戦慄』
『メーラーデーモンの戦慄』

著者:早坂 吝
定価:本体860円(税別)

「一週間後、お前は死ぬ」。メールを受信した人たちが殺害される!
傷心の藍川警部補は「青の館」へ。そこには訳ありの宿泊者たちが――
驚愕の仕掛け満載!『○○○○○○○○殺人事件』etc.「援交探偵」らいちシリーズ最新作!

単行本 今月の新刊

9月6日発売
『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代-』
『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代-』

著者:木原浩勝
定価:本体1,500円(税別)

宮崎駿監督やスタッフの素顔と情熱に迫る“感動秘話“
「木原君、この作品は楽しく作ってください。」 ──宮崎駿(本文より)
元ジブリ制作デスクが、公開30年を機に初めて明かす『となりのトトロ』誕生までの1年間。「スタジオジブリ」の奇跡のような真実!

9月13日発売
『別れの霊祠(れいし) 溝猫(どぶねこ)長屋 祠之怪』
『別れの霊祠(れいし) 溝猫(どぶねこ)長屋 祠之怪』

著者:輪渡颯介
定価:本体1,450円(税別)

お多恵が成仏しても続く妖異の正体は?
「箱入り娘」お紺の縁談が大騒動を巻き起こす!?
『古道具屋 皆塵堂』著者の人気シリーズ完結! 

9月20日発売
『叙述トリック短編集』
『叙述トリック短編集』

著者:似鳥鶏
定価:本体1,600円(税別)

*注意! 
この短編集はすべての短編に叙述トリックが含まれています。
騙されないよう、気をつけてお読みください。
本格ミステリ界の旗手が仕掛ける前代未聞の読者への挑戦状!

電子書籍 今月の新刊

9月21日配信
『ヒトごろし』
『ヒトごろし』

著者:京極夏彦

京極夏彦の本格歴史小説、待望の電子書籍化!
鬼と恐れられた新選組の副長・土方歳三。
幼き日に目にした光景が忘れられず、「ヒトごろし」に囚われていく。
怒濤の幕末を最凶の男が駆け抜ける!