講談社BOOK倶楽部

『森籠もりの日々』森博嗣|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部

講談社ノベルス

森博嗣の日常・箴言・予言日々思うこと、考えていること。178日分。
『森籠もりの日々』

『森籠もりの日々』
著者:森博嗣
定価:本体1,600円(税別)

購入する

ほとんどの問題は、相手の身になって考えることで、多少は穏やかな解決に至るものです。「間に合うかな?」と心配すること自体が既に、悪い状況といえます。待ち時間というものが、そもそ嫌いです。待たない工夫をします。「頑張り」の価値は自身のものです。人に評価されるためのものではありません。みんながクリエータになるような社会が、未来像の一つといえます。本当の「学ぶ」「知る」とは、検索では見つからない情報を得ることです。
  • ほとんどの問題は、相手の身になって考えることで、多少は穏やかな解決に至るものです。
  • 「間に合うかな?」と心配すること自体が既に、悪い状況といえます。
  • 待ち時間というものが、そもそ嫌いです。待たない工夫をします。
  • 「頑張り」の価値は自身のものです。人に評価されるためのものではありません。
  • みんながクリエータになるような社会が、未来像の一つといえます。
  • 本当の「学ぶ」「知る」とは、検索では見つからない情報を得ることです。
試し読み「小説に求められる品質とは?」 試し読み「自尊心の育て方」

担当コメント

何かをするにあたって、十分に準備をした方がよいと思っています。そして続ける必要があることは、平常心で淡々と継続するのがよいと思っています。が、できているかと言われると「できています!」と言い切れる自信はありません。
『森籠もりの日々』を読んで、森さんの日常をなぞると、生活のリズムが整うように感じます。これまで「できています!」と言えなかったあれこれが、できる自分になれそうな─きっかけをつかめる一冊です!

『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE