講談社BOOK倶楽部

1607

講談社ノベルス

講談社ノベルス 今月の新刊

7月6日発売
『神の時空 -五色不動の猛火-』
『神の時空 -五色不動の猛火-』

著者:高田崇史
定価:本体960円(税別)

「江戸」に潜む夥しい死者
大火、飢饉、大地震 
災害都市「江戸」の鎮魂の歴史とは。

『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』
『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』

著者:井上真偽
定価:本体960円(税別)

これを読まずして、新時代の本格ミステリを語ることなかれ! ミステリーランキングを席巻した
『その可能性はすでに考えた』シリーズ最新刊!

単行本 最新刊

7月25日発売
『水の都 黄金の国』
『水の都 黄金の国』

著者:三木笙子
定価:本体1,500円(税別)

時は明治。日本語講師としてイタリアに赴任した誠次郎(せいじろう)は、下宿先の料理店で働く美青年・ルカとともに、迷宮都市で起きる様々な怪事件にかかわることになって──
温かくてせつないミステリー。

『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『新・水滸後伝』(上)(下) 田中芳樹 『森籠もりの日々』森博嗣 『清らかな、世界の果てで』北里紗月 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE