講談社BOOK倶楽部

1505

講談社ノベルス

講談社ノベルス 今月の新刊

5月7日発売
『雪に眠る魔女 霊媒探偵アーネスト』
『雪に眠る魔女 霊媒探偵アーネスト』

著者:風森章羽
定価:本体930円(税別)

未来を視(み)る一族を、雪女の殺意が狙う!
アーネストと佐貴の因縁が明かされる、急展開の最新作!

単行本 最新刊

5月12日発売
『身元不明(ジェーン・ドゥ) 特殊殺人対策官 箱﨑ひかり』
『身元不明(ジェーン・ドゥ) 特殊殺人対策官 箱﨑ひかり』

著者:古野まほろ
定価:本体1,700円(税別)

元警察官僚がついに手掛けたリアル警察小説
事件を追っているのはキャリア警視と無気力(ゴンゾウ)巡査部長……だけではなかった!

『たとえ、世界に背いても』
『たとえ、世界に背いても』

著者:神谷一心
定価:本体1,700円(税別)

史上最悪の無差別テロは、天才医学者の復讐劇だった。
標的は、23人の高校生!
少年は狙われた少女を救い、守り抜けるのか?
徹夜必至のパニック・ストーリー!

『祟り婿 古道具屋 皆塵堂』
『祟り婿 古道具屋 皆塵堂』

著者:輪渡颯介
定価:本体1,500円(税別)

「早死にの祟り」に取り憑かれた居候は幽霊嫌い!?
曰く品ばかりの皆塵堂にまた一癖ある奉公人が……
とぼけた笑いとあと引く怖さ。人気急上昇の「人情怪談騒動記」!

5月25日発売
『深紅の断片 警防課救命チーム』
『深紅の断片 警防課救命チーム』

著者:麻見和史
予価:本体1,500円(税別)

命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!

〈警視庁殺人分析班〉シリーズ、累計16万部突破!
警察ミステリーで人気の著者がはなつ、緊迫と感動の救命士ミステリー!

『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『新・水滸後伝』(上)(下) 田中芳樹 『森籠もりの日々』森博嗣 『清らかな、世界の果てで』北里紗月 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE