講談社BOOK倶楽部

『神の時空 ─倭の水霊─』高田崇史

講談社ノベルス

『神の時空 ─倭の水霊─』高田崇史 ヤマトタケル伝説に隠された悲劇! 巫女の血を引く兄妹が、古代史の真相を解き明かす!

『神の時空 ─倭の水霊─』高田崇史

『神の時空 ─倭の水霊─』 著者:高田崇史
定価:本体 900円(税別)

購入する
OLの涙川紗也(なみかわさや)は、横浜・レンガ倉庫近くで男の死体を発見。現場を走り去った彼女は、容疑者として、警察から追われる身となってしまう。その頃、東海地方では、いつ止むとも知れぬ豪雨が降り続いていた―。一見、無関係に思える二つの現象。だが、背後に蠢(うごめ)く闇の存在を感じた辻曲兄妹(つじまがりきょうだい)が探索を開始すると、一人の古代史上の人物が浮かび上がってきた。その名は、日本武尊(やまとたけるのみこと)……。
著者コメント

『神の時空』第2弾のテーマは、古代の英雄・ヤマトタケルにまつわる謎と秘密その1です。その1ということは、その2、その3があるのかという話になりますが、当然あります。
そして今回はヤマトタケル第1弾として、必ずと言って良いほど彼と共に語られる悲劇のヒロイン「弟橘媛(オトタチバナヒメ)」をメインに据えてみました。戦前は「日本婦女子の鑑」と称えられた彼女の人生は、同時に日本史上有数の悲話として語られています。
ところが調べていくと、一般的に知られている以上の悲惨な事実が、ヤマトタケルと関連して見えてきました。
彼女のその深い悲哀を共有することで、多少なりとも鎮魂に寄与できればと願って書き上げました。
一方、物語はといえば、辻曲家兄妹にまつわる謎、高村皇たちの目的の謎、そしてサブタイトルの暗号(?)なども含めて、みなさまにゆっくり楽しんでいただければと思っています。
ちなみに第3弾は場所を京都に移して、いよいよ高村や磯笛たちの本当の目的が明らかになっていきます。彼らの真の狙いは何なのか。そして摩季の命は? ということで鋭意執筆中ですので、こちらは霜の降りる頃までもう少々お待ちください。

高田崇史(たかだ・たかふみ) 昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒。『QED 百人一首の呪』(講談社ノベルス)で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に「QED」シリーズ、「カンナ」シリーズ、「鬼神伝」シリーズ(2011年アニメ映画化)、「千葉千波の事件日記」シリーズなど。近作に 『軍神の血脈 楠木正成秘伝』がある。

担当者コメント

 大好評『神の時空』シリーズ第二弾の登場です! 横浜の殺人事件と、東海地方を襲う豪雨。一見、無関係に思える二つの現象。しかし、辻曲兄妹が探索を開始すると、一人の古代史上の人物の名が浮かび上がってくる……。冒頭の殺人事件から緊迫感は最高潮。そして、その背後にある歴史の謎を一気に解き明かしていくという、「高田ミステリ」全開の逸品です。読み終えた時、貴方の古代史観が一変してしまうかも!? もちろん、辻曲兄妹も大活躍しますので、彼らと一緒に「神の時空」を旅して頂ければ幸いです。
 今回、私も一部ですが、取材旅行に同行させて頂きました。しかし、山の上にある神社への道中では、肥満体がたたって尋常ならざる発汗と息切れ。かえって高田先生にご心配をおかけする始末に……。ですが、それだけにこの作品への思い入れはひとしおです。みなさまも、本作を片手に舞台となった神社などをめぐる、そんな楽しみ方もありかもしれません!
『神の時空 ―倭の水霊―』を、どうぞお楽しみに!

スペシャル・マップ 走水神社周辺

走水神社にある弟橘媛が最期に詠んだ歌「さねさし~」の歌碑は必見。本作でも重要な鍵となる歌ですので、ぜひご覧ください。また土地柄、海軍との縁も深く、日本海海戦などで活躍した上村彦之丞提督が寄贈した「機械水雷」なんて珍品も見ることができます。近辺には日本最古の洋式灯台である「観音埼灯台」や、館内のレストランがおいしいと評判でデートスポットとしても人気の「横須賀美術館」があり、デートコースとしても楽しめるかも!?

熱田神宮

熱田神宮では、本宮や別宮はもちろん、境内・境外を合わせると四十五もの社が祀られていますので、事前に参拝する社を決めておいたほうがいいでしょう。もちろん、本作にも出てくる「信長塀」や「清雪門」は必見です。また、近辺の見所として、貯木場を埋め立てて造られた「白鳥庭園」や、東海道唯一の海上路「七里の渡し」の渡船場跡などを見て回るのもおすすめ。昔の名古屋の地形を実感できれば、『神の時空 -倭の水霊-』のおもしろさも倍増です!

『神の時空(とき)─鎌倉の地龍─』特集ページへ 既刊リスト
  • 『QED 伊勢の曙光』

    『QED 伊勢の曙光』
    伊勢神宮に秘められた驚愕の真実!
    歴史ミステリーの金字塔 堂々完結!!

    講談社ノベルス

  • 『毒草師 白蛇の洗礼』

    『毒草師 白蛇の洗礼』
    千利休はキリシタン!? 御名形(みなかた)が奇怪な毒殺事件と“茶聖”が残した謎に迫る!
    「QED」一の曲者・御名形史紋(しもん)が大活躍!

    講談社ノベルス

  • 『QED 出雲神伝説』

    『QED 出雲神伝説』
    三輪山の「蛇」とは? 出雲臣の呪いが奇妙な連続殺人を招く!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『毒草師 QED Another Stor』

    『毒草師 QED Another Story』
    『伊勢物語』と「一つ目の鬼」。旧家連続失踪事件の真相は!?
    「QED」のあの御名形史紋(みなかたしもん)が事件を斬る!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 諏訪の神霊』

    『QED 諏訪の神霊』
    天下の奇祭「御柱祭」に封じられた怨念が解き放たれる!!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED ~flumen~ 九段坂の春』

    『QED ~flumen~ 九段坂の春』
    鎌倉宮、浅草寺、熊野灘……。封印された歴史に導かれ、哀しき殺人の連鎖を解く!!
    桑原崇の初恋を終わらせた謎とは!?

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 河童伝説』

    『QED 河童伝説』
    罪なき人が殺められ、虐げられる。
    それは河童に隠された謎に繋がっていた!!
    連続殺人事件発生。真相は!?

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED ~ventus~ 御霊将門』

    『QED ~ventus~ 御霊将門』
    今、将門の歴史が変わる!
    大怨霊に隠された真実の顔が明らかに!!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 神器封殺』

    『QED 神器封殺』
    三種の神器に纏(まつ)わる秘密 神社をめぐる不思議な謎 浮かび上がる驚愕の真実!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED ~ventus~ 熊野の残照』

    『QED ~ventus~ 熊野の残照』
    牛王宝印(ごおうほういん)に秘められた八咫烏(やたがらす)の正体と熊野三山の謎を解く!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 鬼の城伝説』

    『QED 鬼の城伝説』
    桃太郎に虐げられし、鬼たちの慟哭(どうこく)が聞こえる!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED ~ventus~ 鎌倉の闇』

    『QED ~ventus~ 鎌倉の闇』
    闇と空白が真実を象(かたど)り、鎌倉、源氏三代にまつわる謎を解き明かす!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 龍馬暗殺』

    『QED 龍馬暗殺』
    平家の落人(おちうど)伝説が残る高知の山村。嵐の中、龍馬暗殺の黒幕が露に!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 竹取伝説』

    『QED 竹取伝説』
    かぐや姫の正体とは?
    『竹取物語』の真実とは?
    “七夕”に秘められた呪(しゅ)とは!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 式の密室』

    『QED 式の密室』
    “安倍晴明伝説”の闇を照らし出し、“式神”の真(まこと)を射貫く!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 東照宮の怨』

    『QED 東照宮の怨』
    日光東照宮にまつわる深秘(じんぴ)が、謎を解に導く!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED ベイカー街の問題』

    『QED ベイカー街の問題』
    「ホームズ譚」の解釈を巡る驚倒の殺意!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

  • 『QED 六歌仙の暗号』

    『QED 六歌仙の暗号』
    魔術(うた)を忘れた我々に隠されていた真実が、容赦のない論理で暴かれる──有栖川有栖

    講談社ノベルス
    講談社文庫

カンナシリーズ

  • 『カンナ 京都の霊前』

    『カンナ 京都の霊前』
    破邪顕正!! 歴史アドベンチャーシリーズ堂々完結!
    非実在聖徳太子の正体とは!? 今、日本史の常識が覆る!

    講談社ノベルス

  • 『カンナ 出雲の顕在』

    『カンナ 出雲の顕在』
    出雲大社が荒ぶる神『素戔嗚尊(すさのおのみこと)』を追放した真意は!?

    講談社ノベルス

  • 『カンナ 飛鳥の光臨』

    『カンナ 飛鳥の光臨』
    闇に葬られた「裏の日本史」が甦る!
    知られざる真実に震撼する歴史アドベンチャー!!

    講談社ノベルス
    講談社文庫

鬼神伝シリーズ

千葉千波の事件日記シリーズ

その他

『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『NO推理、NO探偵?』 『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『人類最強のときめき』西尾維新 『誰かが見ている』宮西真冬 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE