講談社BOOK倶楽部

『終わりは嫌だ』加藤実秋|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『終わりは嫌だ』

著者:杉山俊彦

発売年月日:2011/3/23単行本

購入する

SF新人賞デビュー作家が不思議な文体、奇妙な展開で無意味経済社会を描く傑作
新しい才能の出現!

荒川河川敷に猫といっしょにすてられていた太郎(ξ(クシー))と完全電子マネー社会の物語。幼少期を過ごしたおんぼろアパートの隣人たち・経済思想家専門のイタコのおばさんや大学生のおかげでお金に目覚めた太郎は、大人になって同級生たちと謎の集団<海>で秘密任務に就いた末、爆弾で……!? 人を喰ったようなオリジナルの楽しさが満載!

担当者コメント

今まで読んだことのない、不思議なテイストの小説です。リズミカルな文体と比喩表現がとてもユニーク。なんといっても子供の世界に経済理論を持ち込む大胆さが才能でしょう。文学とは無謀なもの。その面白さを存分に味わえる怪作です。

3月の新刊

『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE