講談社BOOK倶楽部

『幼虫旅館』赤星香一郎|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『幼虫旅館』

著者:赤星香一郎

発売年月日:2011/3/7講談社ノベルス

購入する

秘湯に取り残された9人の命運はいかに!?
何事もなく終わるはずだった旅は惨劇への招待状だった!!

作家志望の赤井は上司の命で山深い秘湯へ出かける。宿に着き、悪友との旧交を温めている最中、大きな地震が発生。その影響で宿と外界を結ぶ唯一の経路だった吊り橋が落ちてしまう。助けを呼ぼうとするが、携帯は圏外、電話線も切断されていた。絶体絶命の窮地に陥った赤井たちに襲いかかる更なる悲劇とは?!

担当者コメント

『虫とりのうた』でメフィスト賞を受賞した、赤星氏の第3作目。今回は“秘湯”が舞台。最初から不穏な空気が漂う旅でしたが、骨休めとはほど遠い事件が起きます。前2作と同じ主人公が出てきますが、赤星さんの作品を初読の方でも入りやすい一作となっております! この機会に赤星ワールドへ足を踏み入れてみてください!

3月の新刊

『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE