講談社BOOK倶楽部

『縛り首の塔の館 シャルル・ベルトランの事件簿』加賀美雅之|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『縛り首の塔の館 シャルル・ベルトランの事件簿』

著者:加賀美雅之

発売年月日:2011/3/7講談社ノベルス

購入する

「不可能犯罪ものとシャーロック・ホームズものの華麗なる激突!」──二階堂黎人 推薦

密室殺人 墜落死体 瞬間移動……“濃密”本格ミステリ短編集

衆人環視の地下室に閉じこもった霊能力者が己の霊体を使い、自分を詐欺師扱いした30マイル遠方の老人を刺殺。だが自身もまた地下室で死亡した。凶器は老人が手にしていた銃。さらに地下室の金庫には刺された男の血液がついた短剣も! もはや二人が空間を越えて殺し合ったことは明白!? 怪奇事件の謎にパリ警視庁を牛耳る予審判事、シャルル・ベルトランが迫る!

担当者コメント

正統派本格ミステリで定評のある加賀美雅之氏の作品がついに講談社ノベルスに登場しました! 物語の舞台は1900年代前半のフランスとイギリス。皆さんが心躍らせてきた古き良き西洋ミステリの雰囲気が作品の中に充満しています。次から次へと起きる怪奇事件もシャルル・ベルトランの手にかかれば、見事に解決。この爽快感もたまりません! ぜひ堪能してください!

3月の新刊

『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE