講談社BOOK倶楽部

『トーマの心臓 Lost heart for Thoma』著者:森博嗣 原作:萩尾望都|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『トーマの心臓 Lost heart for Thoma』

著者:森博嗣

原作:萩尾望都

発売年月日:2010/10/6講談社ノベルス

購入する

萩尾望都×森博嗣
稀代のクリエータ
二人が生み出す奇跡。

トーマと呼ばれた美しい下級生から、ユーリに届いた一通の手紙。
それは、彼からの遺書だった――。
そこへトーマに生き写しの転校生・エーリクが現れ、オスカーは、遺された想いに縛られた親友・ユーリを憂慮する。揺れ動く少年たちの心を捉える、生と死、そして愛……。
苦悩する若者を色鮮やかに描いた、萩尾望都の不朽の名作に、森博嗣が、今、新しい息吹を吹き込む。

担当者コメント

かつて、私に衝撃を与えた一冊のコミック。それが『トーマの心臓』でした。そこに描かれていた少年たちは、優しく、切なく、そして美しく……、私は何度も読み返さずにはいられませんでした。その傑作が、あの頃の雰囲気そのままに、萩尾さんの新たな描き下ろしイラストとともに、森博嗣さんの手によって鮮やかに蘇ります。

10月の新刊

『#柚莉愛とかくれんぼ』真下みこと 『希望と殺意はレールに乗って アメかぶ探偵の事件簿』山本巧次 『家族パズル』黒田研二 『QED 憂曇華の時』 高田崇史 『カエルの小指 a murder of crows』道尾秀介 『創竜伝14 <月への門>』田中芳樹 『カナダ金貨の謎』有栖川有栖 『犯人選挙』深水黎一郎 『法月綸太郎の消息』法月綸太郎 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 高田崇史ONLINE