講談社BOOK倶楽部

『キョウカンカク』天祢涼|講談社ノベルス

講談社ノベルス

第43回メフィスト賞受賞作 喪われた恋の色を見る覚悟はあるか?見えすぎてしまう彼女が挑む謎は殺意の赤と邪悪の黒が混じった世にも“凶(キョウ)”なる感覚の迷宮──上遠野浩平『キョウカンカク』天祢涼

担当コメント

古典から現代までのミステリを愛し、また講談社ノベルスを愛する天祢涼氏が、最高の青春エンタを書き上げました。文三部長に「深夜に100枚だけ読んで寝ようと思ったのに、面白くて最後まで一気に読んじゃった」と言わせるほどの力作。担当の私も「何度読んでも、本当に面白い」と感動しっぱなし。これはぜひ読んでください!

著者コメント

初めまして、天祢涼です。「伏線」が好きです。ミステリを読んでいて「あれはこういうことだったのか!」と腑に落ちる瞬間に、無上の幸せを感じます。自分でもそんな幸せを生み出したいと思い、色々と伏線を盛り込み、あからさますぎる伏線は削除し、足りない伏線は補強し、担当Pさんと打ち合わせする度に閃(ひらめ)きを得て伏線を追加し、としているうちに、こういう話ができ上がりました。幾重もの伏線の末に待ち受ける結末、お楽しみいただければ嬉しいです。

ちなみに、伏線と同じくらい「最後の事件」も好きです。エルキュール・ポアロ最後の事件『カーテン』はもちろんのこと、『トレント最後の事件』『ドルリイ・レーン最後の事件』なんぞはタイトルを見ただけで興奮します。でもキョウカンカク探偵・音宮美夜の「最後の事件」は何作か先になる……と、思いますので、まだしばらくお付き合いくださいませ。

2月の新刊

『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE