講談社BOOK倶楽部

『元禄百妖箱』田中啓文|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『元禄百妖箱』

著者:田中啓文

発売年月日:2009/12/14単行本

購入する

吉良上野介を討て。これは、主命じゃ!
元禄の闇を“昼行灯(あんどん)”大石内蔵助は
照らすことができるのか。
今年度日本推理作家協会賞受賞作家が放つ
「忠臣蔵」の裏側。

徳川家綱の死後、五代将軍となった綱吉は生母・桂昌院を溺愛していた。跡目が出来ない綱吉の頼みで祈祷した僧・隆光は、その最中に獣の姿を見たため、『生類憐れみの令』の発布を進言。稀代の悪法に世が乱れるなか、江戸城内で浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけるという事件が勃発し、江戸は大騒ぎとなった――!!

奇才が語る妖しき「元禄の秘話」

担当者コメント

十二月といえば「忠臣蔵」。ということでドーンと刊行されるのがまさに、決定版!とも言えるこの作品です。今年度の日本推理作家協会賞を受賞し、今乗りに乗っている奇才が放つからには討ち入りにも斬新な解釈があったりと、愉しみどころが満載! 歴史好きの方はもちろん、そうでない方もぜひともご一読ください。

12月の新刊

『しあわせな死の桜』竹本健治 『禁じられたジュリエット』古野まほろ 『人間じゃない 綾辻行人未収録作品集』綾辻行人 『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』柚月裕子 『恐怖小説 キリカ』澤村伊智 『七月に流れる花』『八月は冷たい城』恩田陸 『QED ~flumen~月夜見』高田崇史  『雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係』麻見和史 『溝猫長屋 祠之怪(どぶねこながや ほこらのかい)』輪渡颯介 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE