講談社BOOK倶楽部

mariyukiko

講談社ノベルス

『三匹の子豚』真梨幸子

『三匹の子豚』

著者:真梨幸子

発売年月日:2019/08/29単行本

「あたしのな人生は、絶対“朝ドラ”向きだと思うのよ」
こんな“どんでん返し”見たことない! 真梨節イヤミスの真骨頂ここにあり!!

『三匹の子豚』の朝ドラ化により、再び脚光を浴びることになった脚本家の斉川亜樹。母親がうわごとのように「誰か、あたしの人生を“朝ドラ”にしてくれないかしら」と言っていたことを思い出し、それは母親、ひいては祖母からつながる呪縛だった、と思い至る。
そんなある日、彼女のもとに役所から郵便が届く。亜樹の叔母だという赤松三代子の扶養義務についてだった。そんな人物は聞いたこともない……。人生の絶頂にいると思っていた亜樹の目の前に、不吉な黒い点が広がっていく。

担当コメント

真梨幸子節、炸裂です! 母親の呪縛から逃れられない娘たちの衝撃の顚末。黒幕は一体誰なのか。すべてが繫がった時の爽快感と“やられた!”感は真梨さんならではです。この感じ、読まなくては到底わかりません! ぜひお手にとってみていただけますと幸いです。

『電気じかけのクジラは歌う』逸木 裕 『ヴェールドマン仮説』西尾維新 『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE