講談社BOOK倶楽部

watarisosuke

講談社ノベルス

『祟り神 怪談飯屋古狸』輪渡颯介

『祟り神 怪談飯屋古狸』

著者:輪渡颯介

発売年月日:2020/02/27単行本

朽ちたお社にある「首縊りの木」は神仏の祟り?
子猫そして猫好きな「あの男」も登場!
本当は怖がりな虎太が幽霊を引き寄せる!?

怪談を聞かせるか怖い話に出た場所を訪れると無代になる妖しい飯屋「古狸」に通う檜物職人修業中の虎太。盗賊の頭目「蝦蟇蛙の吉」たちに皆殺しにされ空き家となった店に忍び込み、行方知れずになった鶴七の謎を探るため虎太はその建物に泊まり込む。すると悪夢が! 鶴七はどこに?「首縊りの木」と関わりが?

担当コメント

メフィスト賞作家・輪渡颯介さんの「古道具屋 皆塵堂」「溝猫長屋 祠之怪」に続くシリーズは「幽霊話をすれば無代になる妖しい飯屋」が舞台です。その2作目の本書でも、虎太は無代飯と看板娘・お悌に惹かれ「古狸」に通い、幽霊のいる場所を訪れてはとんでもない目に。もはや「わかっちゃいるけどやめられない」感じに!? そして輪渡作品といえば猫!「皆塵堂」シリーズでお馴染みの「猫好きな男」も久々に登場し、いい具合に物語を引っかき回しますので、乞うご期待!

『#柚莉愛とかくれんぼ』真下みこと 『希望と殺意はレールに乗って アメかぶ探偵の事件簿』山本巧次 『家族パズル』黒田研二 『QED 憂曇華の時』 高田崇史 『カエルの小指 a murder of crows』道尾秀介 『創竜伝14 <月への門>』田中芳樹 『カナダ金貨の謎』有栖川有栖 『犯人選挙』深水黎一郎 『法月綸太郎の消息』法月綸太郎 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 高田崇史ONLINE