講談社BOOK倶楽部

watarisousuke

講談社ノベルス

『怪談飯屋古狸』輪渡颯介

『怪談飯屋古狸』

著者:輪渡颯介

発売年月日:2019/10/17単行本

購入する

幽霊話をすれば無代(ただ)になる妖しい飯屋
怖くて、可笑しくて、美味しい!?
「古道具屋 皆塵堂」の著者、待望の新シリーズ!

奉公先を追い出され、日傭取りの仕事で糊口をしのぐ虎太は、看板娘のお悌に惹かれ飯屋「古狸」へ。そこは怪談を聞かせると無代になるという不思議な店。怖い話は苦手なのに、お悌と無代飯に釣られて古狸に入り浸る虎太は、死神が棲むという家に行く羽目に。「不運な男」虎太はそこで何を見た? そして古狸の謎とは?

担当コメント

『古道具屋 皆塵堂』『溝猫長屋 祠之怪』などのシリーズで、怪談と絡めた時代ミステリーを独特のユーモアを交えて描くことで人気の輪渡颯介さんの新たなシリーズが始まりました! 三軒並ぶ蕎麦屋と菓子屋と一膳飯屋が主な舞台です。それらは母ときょうだいで営んでいて、どこでも他の店の料理が食べられるという変わった店。そしてもっと不思議なことに、怪談をすると無代になるのです。無鉄砲だけど恐がりの虎太が、幽霊が出るという屋敷へ東奔西走。これまでのシリーズ以上に、怖さも笑いもパワーアップした新作をぜひともお楽しみ下さい!!

『#柚莉愛とかくれんぼ』真下みこと 『希望と殺意はレールに乗って アメかぶ探偵の事件簿』山本巧次 『家族パズル』黒田研二 『QED 憂曇華の時』 高田崇史 『カエルの小指 a murder of crows』道尾秀介 『創竜伝14 <月への門>』田中芳樹 『カナダ金貨の謎』有栖川有栖 『犯人選挙』深水黎一郎 『法月綸太郎の消息』法月綸太郎 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 高田崇史ONLINE