講談社BOOK倶楽部

takadatakafumi

講談社ノベルス

『源平の怨霊 小余綾俊輔の最終講義』高田崇史

『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義

著者:高田崇史

発売年月日:2019/06/27単行本

日本史上屈指の人気武将・源義経は果たして「怨霊」なのか!?
傑作歴史ミステリー登場!

1160年、平治の乱の後、平清盛はなぜ、源氏の嫡男・頼朝を助命したのか。
平氏滅亡後、兄の不興を買い、非業の死を遂げた源義経は怨霊になったのか。
二つの謎が解けるとき、源氏と平氏の真の姿が現れる!

1160年、平治の乱の後、源頼朝は平清盛によって助命される。後に権大納言・時忠が、「此一門にあらざらむ人は、皆人非人なるべし」とまで言い放ち、知行国三十余国、荘園五百ヵ所、田園その数を知らずと言われるまでに栄華を誇った平家一門の命運は、この瞬間に窮まった。後に平氏を滅ぼすことになる頼朝を清盛はなぜ救ったのか? 平氏を滅亡に追い込んだ天才武将・源義経は数々の戦果を挙げたにもかかわらず、兄の不興を買って非業の死を遂げる。その義経が怨霊として祀られていないのはなぜなのか? 二つの謎が解けるとき、源氏と平氏の真の姿が現れる。

担当者コメント

傑作歴史ミステリー、と帯にはっきり書いてしまいました。今回は超大作です!
小余綾俊輔は大学の民俗学研究室に所属する助教授です。中世史は専門外ではあるのですが、日本の伝統芸能や国文学、古代史などの知識も総動員して、源平合戦の謎を解き、全く新しい景色を見せてくれます。
「歴史は考えるもの」と高田さんはいつもおっしゃっていますが、まさに考えてこそ見える景色! ぜひご一読を!!

『電気じかけのクジラは歌う』逸木 裕 『ヴェールドマン仮説』西尾維新 『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE