講談社BOOK倶楽部

kitayamatakekuni

講談社ノベルス

『千年図書館』北山猛邦

『千年図書館』

著者:北山猛邦

発売年月日:2019/01/11ノベルス

定価:本体880円(税別)

購入する

ラスト1行まで何がおこるか分からない!
優しく、そして切ない5つの物語。
大ヒット“どんでん返し”ミステリ『私たちが星座を盗んだ理由』の衝撃、再び!

全てはラストで覆る!
強烈な余韻があなたを襲う5つの物語
「見返り谷から呼ぶ声」――死後の世界と禁忌の谷に心を囚われた少女の物語
「千年図書館」――村で凶兆があるたび若者が捧げられる図書館の秘密
「今夜の月はしましま模様?」――地球侵略中の異星人に遭遇した大学生の奇妙な日々
「終末硝子(ストームグラス)」――大きく奇怪な墓を村のあちこちに建てる男爵の謎
「さかさま少女のためのピアノソナタ」――呪われた曲を奏でた傷心の高校生におこる不可思議

担当者コメント

デビュー作に端を発する「城シリーズ」では物理トリックへの並々ならぬこだわりから「物理の北山」と呼ばれ、ミステリ界の注目を集めた北山猛邦さん。実は繊細な人間ドラマと優しいキャラクターの切ない物語にも定評があります。本書収録の5つの物語いずれも、その世界に心を奪われることでしょう。読み進めるうちに様々な感情がわき上がってくるはずです。しかし、ドラマの先にあるのは……強烈すぎる余韻! ラスト1行まで見逃せない、ミステリの醍醐味が詰まった短編集をお楽しみください。

『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『新・水滸後伝』(上)(下) 田中芳樹 『森籠もりの日々』森博嗣 『清らかな、世界の果てで』北里紗月 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE