講談社BOOK倶楽部

新・水滸後伝

講談社ノベルス

新・水滸後伝
  • 田中芳樹さんコメント
  • 書評家 大矢博子さんコメント
  • 担当者コメント
  • 水滸伝 百八星 一覧表
水滸後伝 上

『新・水滸後伝』(上巻)
田中芳樹
定価:本体 1,600円(税別)
購入する

方臘(ほうろう)征伐のあと、散り散りとなった梁山泊の好漢たち。不思議な縁に導かれ、再集結した面々は、悪を懲らしめ弱きを助け、理想に向かってひた走る。『水滸伝』の後日を描く傑作!
水滸後伝 下

『新・水滸後伝』(下巻)
田中芳樹
定価:本体 1,600円(税別)
購入する

北からは金軍、西からは謎の術師・薩頭陀(さっとうだ)。強大な敵と対峙する梁山泊の好漢たちが、新たな仲間とともにたどり着く新天地とは!
田中芳樹さんコメント

 原典があるのに、あたらしく書きなおすから「新」の一字がつくわけだが、業を終えていまさら、だいそれたことをしてしまった、という思いで身がちぢむ。しかし、原典の存在を知ってもらうだけでも、恥をかく価値はある、と考えて刊行してもらうことにした。
『水滸伝』をすでに読んだ方々のみならず、そうでない方々にも独立して読める作品として書いたつもりだが、はたしてうまくいったかどうか。読んで判断していただければ、これにまさる幸いはない。
田中芳樹 (「後記」より抜粋)

pagetop
書評家・大矢博子さんコメント

非業に泣いた梁山泊残党の大逆転劇。
こんな話が読みたかった!

原典『水滸後伝』の面白さはそのままに、より読みやすく、よりスピーディに、よりエキサイティングに再構成した田中芳樹版水滸後伝。個性豊かな好漢たちの群像劇と、新国家建設という驚天動地の大逆転劇は、読み出したら止まらない!
ファンが待ち望んだ、梁山泊のハッピーエンドがここにある。

pagetop
担当者コメント

人気登場人物の多くが『水滸伝』で世を去りました。きっと古の中国の読者たちも結末が残念だったのでしょう。後日譚として陳忱により『水滸後伝』が書かれました。そこには、生き残った者たちが再び集い、新たな仲間と共に理想を追う姿が描かれています。人気を博したその物語を、田中芳樹先生が再構成したのが、この『新・水滸後伝』です。『水滸伝』を読んだことがないという方にも楽しんでいただける、愉快痛快爽快な中華エンターテインメント小説の傑作です。

pagetop
水滸伝 百八星 一覧表
pagetop
『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE