講談社BOOK倶楽部

2018special

講談社ノベルス

『ベスト本格ミステリ2018』

『ベスト本格ミステリ2018』

本格ミステリ作家クラブ選・編

発売年月日:2018/6/8ノベルス

定価:本体1,700円(税別)

購入する

名探偵になりたい人はこれを読め!
プロが選んだ最高の本格ミステリがこの一冊に!

2017年に発表された本格ミステリ短編&評論のうち、本格ミステリ作家クラブが本気で選出!

1年で生まれた最高の本格ミステリはすべてここにある!

小説

岡崎琢磨「夜半のちぎり」
阿津川辰海「透明人間は密室に潜む」
大山誠一郎「顔のない死体はなぜ顔がないのか」 
白井智之「首無館の殺人」
松尾由美「袋小路の猫探偵」
法月綸太郎「葬式がえり」
東川篤哉「カープレッドよりも真っ赤な嘘」
水生大海「使い勝手のいい女」
西尾維新「掟上今日子の乗車券 第二枚 山麓オーベルジュ『ゆきどけ』」

城平京「虚構推理 ヌシの大蛇は聞いていた」

評論

有栖川有栖 「吠えた犬の問題――ワトスンは語る」

解説

遊井かなめ「ベスト本格ミステリ2018 解説」

担当者コメント

お待たせしました!
また本格ミステリの季節がやってきました。今年のキャッチコピー「名探偵になりたい人はこれを読め!」は、実は本格ミステリ作家クラブ会長である東川篤哉さんによる序文に由来しています。ユーモアたっぷりに本格ミステリへの愛を語る名文です。ぜひお手にとってご確認ください。せっかくですので、一節だけご紹介します。

ふとした瞬間に虚空を見上げて、こう呟く場面がきっとあるはず。
「……ああ、探偵になりたい……できれば名探偵に……」


さて、あなたはいかがですか?

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE