講談社BOOK倶楽部

watarisosuke

講談社ノベルス

『物の怪斬り 溝猫長屋 祠之怪』輪渡颯介

『物の怪斬り 溝猫(どぶねこ)長屋 祠之怪』

著者:輪渡颯介

発売年月日:2018/4/12単行本

定価:本体1,450円(税別)

購入する

無敵の死霊を退治しないと
子供たちに祟りが!?

怖いけどほのぼの幽霊綺談。
祠の謎がついに明らかに――

『古道具屋 皆塵堂(かいじんどう)』に続く人気シリーズ!

剣術道場の門人だった旗本の次男・市之丞が、屋敷に出る物の怪退治を蓮十郎に依頼した。溝猫長屋で暮らす「幽霊が分かる」忠次ら子供たちも屋敷に同行するのだが、幽霊の気配を感じた忠次たちは、江戸を離れないと数日で命を落としてしまうことに。江ノ島見物に出かけたお紺らを追って、忠次らも急遽旅に出るが、宿でもお化けに遭遇してしまい……。子供たちは無事、江戸に戻れるのか?

担当者コメント

3月10日の時点で最年長の男の子たちが、長屋の奥にある祠を毎朝お参りする決まりに従ったところ「幽霊が分かる」ようになった忠次ら4人の子供たち。彼らはひょんなことから江ノ島見物に行くことになりますが、一方で手習所の師匠・蓮十郎たちは江戸の旗本屋敷で物の怪退治。江戸と旅のパートが交互に進み、「祠の謎」も明らかになっていく構成の妙と幽霊との対決シーンが読みどころです!

『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『新・水滸後伝』(上)(下) 田中芳樹 『森籠もりの日々』森博嗣 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE