講談社BOOK倶楽部

『悪徳の輪舞曲 (ロンド)』中山七里|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部

講談社ノベルス

『悪徳の輪舞曲 (ロンド)』

『悪徳の輪舞曲 (ロンド)』

『悪徳の輪舞曲 (ロンド)』
著者:中山七里
定価:本体1,600円(税別)

購入する
悪徳は輪舞曲のように同じ旋律を繰り返すのか――
14歳で殺人を犯した悪辣弁護士・御子柴礼司を妹・梓が30年ぶりに訪れ、母・郁美の弁護を依頼する。郁美は、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕されたという。接見した御子柴に対し、郁美は容疑を否認。名を変え、過去を捨てた御子柴は、肉親とどう向き合うのか、そして母も殺人者なのか?

ロンド

悪徳は輪舞曲のように同じ旋律を繰り返すのか──

14歳で殺人を犯した悪辣弁護士・御子柴礼司を妹・梓が30年ぶりに訪れ、母・郁美の弁護を依頼する。郁美は、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕されたという。接見した御子柴に対し、郁美は容疑を否認。名を変え、過去を捨てた御子柴は、肉親とどう向き合うのか、そして母も殺人者なのか?

著者コメントpage top

 全ての男性にとって母親はアキレス腱である。好むと好まざる、生存死亡の別に拘わらず、どんな男にも無視できない存在だ。かつてその胎内で羊水に包まれていた記憶があるせいかもしれない。
 そしてまた全ての弁護士にとって最初の敵は依頼人である。依頼人がひた隠しにしている事実を知った上でなければ十全な弁護ができないから、まず依頼人と対決しなければならないのだ。
 最悪の弁護士・御子柴礼司の次なる依頼人を母親としたのは、そうした必然によるものだった。二重の意味で思うように操縦できない依頼人は、御子柴にとって最悪の相手でもある。
 いつもいつも映像化困難なテーマを選んでいるが、今作のテーマもとびきりデンジャラスなものだ。殺人の系譜とも呼ぶべき禁じられた主題だが、仮に禁忌であろうが、触れなければ語れない物語は確実に存在するのだ。
 とは言え、この小説はエンターテインメントである。小難しい問題はひとまず脇に置いて、ページを開いた方々には眠れない夜をお約束しよう。
 悪徳は輪舞曲(ロンド)のように旋律(戦慄)を繰り返す──

中山七里
profile

中山七里(なかやま・しちり)
1961年、岐阜県生まれ。2010年に『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、デビュー。2011年刊行の『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』が各誌紙で話題となり、ドラマ化もされた。近著に『ワルツを踊ろう』『逃亡刑事』『護られなかった者たちへ』などがある。

担当者コメントpage top

「王様のブランチ」のMCを10年間務めた谷原章介さんが「思い出の一冊」として選んだ『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』は人気作家・中山七里さんの代表作。シリーズ第4弾は、主人公の御子柴が殺人容疑で逮捕された母の弁護人に。過去を捨てた御子柴が母とどう関わるのか。緊迫の法廷シーンとシリーズ最凶の「どんでん返し」をご堪能ください! またシリーズ第3弾『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』の文庫版が、4月13日に刊行されますので、未読の方は合わせてご一読のほどを。

文庫化!2018年4月13日刊行予定
既刊リスト
Page Top
『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『転生(てんせい)の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿』 講談社ノベルス鉄道ミステリフェア開催! 『南柯の夢 鬼籍通覧』 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE