講談社BOOK倶楽部

asamikazushi

講談社ノベルス

『鷹の砦  警視庁捜査一課十一係』

『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』

著者:麻見和史

発売年月日:2017/12/6ノベルス

定価:本体900円(税別)

購入する

シリーズ累計40万部突破!
人質は、刑事・如月塔子。凶悪犯の魔手から生還せよ!

最悪の知能犯グループVS.<殺人分析班>
人気警察ミステリ、最大のスペクタクル! 

都下の山中で立てこもり事件が発生。犯人は、ある殺人事件の被疑者として十一係が追跡していた男達だった。一般市民が巻き込まれ緊迫する現場。男達は人質の一人と刑事・如月塔子の身柄交換を要求し、塔子を連れて逃走してしまう。所轄の猪狩巡査長と組み、相棒の救出に奔走する鷹野。一方塔子自身も、犯人から逃れるために知恵を巡らせる。かつてない窮地の中、鷹野と十一係は塔子を救い出し、事件の真相を解明することができるのか!?

担当者コメント

女性刑事・如月塔子と個性豊かな捜査一課十一係の活躍を描く警察ミステリシリーズ、最新作が登場です!
前作『奈落の偶像』の巻末で初めて、今作のタイトルと予告を掲載しました。シリーズ十作目ということもありましたし、打ち合わせの段階で麻見さんが「次はサスペンス度の高い内容にしたくて……たとえば、如月塔子が人質になってしまうような」と、とても面白い構想を聞かせてくれたからです。結果、先の読めない面白さをもった、スリリングな最新作が誕生しました!  なお、『鷹の砦』巻末にも、次作のタイトルと予告を掲載しました。一作一作、難事件と向き合って成長する如月塔子の活躍をぜひお見逃しなく!