講談社BOOK倶楽部

okazakidaigo

講談社ノベルス

『腹ペコ騒動記 世界満腹食べ歩き』

『腹ペコ騒動記 世界満腹食べ歩き』

著者:岡崎大五 

発売年月日:2017/10/10単行本

定価:本体1,600円(税別)

購入する

食べるぞ、世界の地元メシ。

元・人気添乗員の作家が出会った料理と面白い人々。
世界は「うまい」にあふれている。

読めば空腹、旅グルメエッセー

キューバの「プリン」、アメリカの「ロブスター」、中国の「焼きハマグリ」、タイの「アヒルラーメン」、マレーシアの「福建麺」、スリランカの「カレーパン」、トルコの「サバサンド」、イタリアの「レモンピッツァ」、オランダの「コロッケ」、セネガルの「チェブジェン」

本書では、その他にも多数のメニューをご用意しております。

担当者コメント

はっきり言って、本書は魔物である。読めば読むほど、お腹は減ってくるし、旅に出たいって心がうずくし……。著者のヒット作『添乗員騒動記』(旅行人/のちに角川文庫)を彷彿とさせる、食べて、出会って、トラブって、という自身の姿を綴ったライブ感あふれるエッセー。講談社出版文化賞さしえ賞受賞者・伊野孝行さんのイラストもたっぷり入り、読者の胃を刺激します。未知なる美味に出会うチャンスです。全25話、280ページにわたる「世界の地元メシツアー」に参加してみませんか。

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE