講談社BOOK倶楽部

mitudasinzo

講談社ノベルス

『忌物堂鬼談(いぶつどうきだん)』

『忌物堂鬼談(いぶつどうきだん)』

著者:三津田信三

発売年月日:2017/9/6ノベルス

定価:本体860円(税別)

購入する

悍(おぞ)ましき“もの”現る。祟りなす“忌物(いぶつ)”に纏わる怪異譚。
夜毎聞かされ謎解く少女に迫るものは!?
怪異が怪異を呼ぶ三津田ミステリーホラー新シリーズ。
「最終夜 にてひなるもの」では驚愕の恐怖劇が待つ!

得体の知れぬ何かに脅(おび)える中学生の由羽希(ゆうき)は、救いを求めひとり遺仏寺(いぶつじ)を訪れ、住職の天山天空(てんざんてんくう)と黒猫に出会う。本堂に置かれた数々の品は、所有するだけで祟(たた)られる「忌物(いぶつ)」だと聞かされる。寺へ来た理由を尋ねられ、由羽希は答えに詰まる。「分からない……」。記憶を失(な)くした彼女も、実は忌物を持っていた! すぐには助けられないと言う天空に命じられ、由羽希は毎夜、忌物に纏(まつ)わる怪異譚(たん)に耳を傾けて、謎を解かされる羽目(はめ)になるのだが……。やがて真の恐怖が彼女自身に襲い来る。
待望の新シリーズ、三津田怪異譚ホラー世界開幕。

担当者コメント

「刀城言耶」シリーズで知られる三津田信三さん、待望の講談社ノベルス新刊です。「メフィスト」連載に書き下ろし完結篇「にてひなるもの」を加えての刊行です。少女・由羽希が美形怪人僧・天山天空に謎めいた怪異譚を聞かされていきます。新境地じゃないかと思います。ぜひお読みください。おもしろいです。

『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『NO推理、NO探偵?』 『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『人類最強のときめき』西尾維新 『誰かが見ている』宮西真冬 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE