講談社BOOK倶楽部

ishigurojunko

講談社ノベルス

『訪問看護師さゆりの探偵ノート』

『訪問看護師さゆりの探偵ノート』

著者:石黒順子

発売年月日:2017/8/7単行本

定価:本体1,800円(税別)

購入する

事件は毎日、訪問看護の現場で起きている。

 島田荘司、熱烈推薦! 来たるべき「老人の時代」への警告の書となる、新タイプのミステリー! 訪問看護ステーションで働く白井さゆりが直面する、老人たちのさまざまな実相。その背後に隠れている、老人を利用する「犯罪」! 超・高齢化社会における訪問看護の実態をドキュメンタリータッチで描きながら、ミステリーの面白さも兼ね備える意欲作!

担当者コメント

ミステリーの巨匠・島田荘司先生の強力な推薦を得て刊行される、新人作家・石黒順子さんのデビュー作です。石黒さんの経験を活かした訪問看護の詳細な描写はとてもリアルで、
やがて確実に来る日本の超・高齢化社会の実態を予見させます。「少しでも良質な訪問看護を!」と奮闘するさゆりが、次第に老人を利用する「犯罪」の存在に気づき、推理を繰り広げていきます。そのミステリーとしての面白さも読みどころです。重要なテーマを扱いながらも、すらすら読める軽快さが魅力です。巻末には島田荘司先生による推薦文も収録。その提言内容にもご注目を。

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE