講談社BOOK倶楽部

yamaguchimasaya

講談社ノベルス

『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』

  • 著者の言葉
  • 担当コメント
  • 既刊リスト

『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』
著者:山口雅也
定価:本体1,800円(税別)
購入する

あらすじ「猫の皿」「品川心中」「時そば」「あたま山」「花見の仇討」「そば清」「粗忽の使者」「らくだ」「田能久」などなど。名作古典落語をベースに当代一の謎(リドル)マスター山口雅也が描く、愉快痛快奇天烈な江戸噺七篇!

著者のコメント

 五年ぶりの新刊であります。2012年に『謎の謎その他の謎』を上梓した翌年、私は重病に罹り、意識不明に陥り救急搬送──その後も約一年半ほどは、ほぼ寝たきりの闘病生活が続いた。原稿を書くどころか、このままでいけば、死ぬか自殺か廃人という究極の選択を迫られていた。ところが、その後、奇跡的に病気から完全回復、健康体を取り戻してしまった。そんなわけで。とにかく、この先、あと何年かは作家生活を続けることにした。そう決心した時点で思ったことは──
第一に、どうせ作家復帰するのなら、今まで自分が書いてこなかったようなものを書いてみたい。第二に、そうであるなら、自分ひとりのみならず、ミステリ史的にも誰も書いてこなかったような新しい地平を切り拓いてみたいということ。
第一の願望は「時代小説」に挑戦というかたちで成就した。『日本殺人事件』を書いたころから時代小説を書いてみたいという気持ちはあったのだが、その後『狩場最悪の航海記』での部分的実現を経て、今度は、まるまる一冊時代考証にも意を用いて書いた。
第二の願望は落語とミステリの完全融合というかたちで実現した。これまでに落語を題材にしたミステリは書かれているが、落語の特性をミステリに取り込んだものはなかったのではないかと愚考した。その結果は──自分の代表作の一つぐらいにはなっているかと。

profile

山口雅也(やまぐち・まさや)


1989年『生ける屍の死』でデビュー。
1995年『日本殺人事件』で第48回日本推理作家協会賞を受賞。
2002年に発表された『奇偶』は、「偶然」という概念を型破りともいえる視点で扱い、ミステリの新たな到達点を示した。
他著書に『キッド・ピストルズの冒瀆』ほかのキッド・ピストルズシリーズ、『垂里冴子のお見合いと推理』ほかの垂里冴子シリーズ、『ミステリーズ』ほかのMシリーズなどがある。
『ミステリー映画を観よう』など、評論も多くものしている。

ページトップへ

担当コメント

『日本殺人事件』で第48回日本推理作家協会賞を受賞した山口雅也さんの五年ぶりとなる新作短篇集です。愉快で賑やかで奇妙で自由。著者の傑作『生ける屍の死』や『奇偶』とは、まったく異なるアプローチで描く意欲作。おたのしみください。

ページトップへ
既刊リスト
『転生(てんせい)の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿』 講談社ノベルス鉄道ミステリフェア開催! 『南柯の夢 鬼籍通覧』 『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『NO推理、NO探偵?』 『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE