講談社BOOK倶楽部

toyodatakumi

講談社ノベルス

『鉄血の警視 警視庁鉄道捜査班』

『鉄血の警視 警視庁鉄道捜査班』

著者:豊田 巧

発売年月日:2016/12/7ノベルス

定価:本体840円(税別)

購入する

大ヒット作『RAIL WARS!』の人気鉄道小説家が講談社ノベルス登場!
これが新時代の本格鉄道サスペンスだ!

「涙の結晶」なる謎のブツを抱え、京王相模原線の車内で放火を図った女が逮捕された。動機の解明が進まず捜査が行き詰まる中、鉄道会社にレールジャックを告げる一本の電話が! 犯人は人質、爆弾、そして“あるモノ”を盾に、列車を止めるなという要求を突きつける。脅迫者と女の関係は? 暴走する列車を爆破させずに止める方法は? 警視庁に新設された鉄道犯罪捜査班のスペシャリストたちが、警察対応の裏をかく難敵に立ち向かう!

担当者コメント

鉄道をテーマにした小説を読みたい方や、2時間サスペンスファンにオススメ! 鉄道小説家として第一線で活躍する豊田巧さんが、ついに講談社ノベルスに初登場です!! 本作はパニック映画の名作『新幹線大爆破』を彷彿とさせるスリリングな展開が読みどころ。ノベルスの次代を担う本格鉄道サスペンスにぜひご注目ください。鉄道大好きな私も推薦します。

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE