講談社BOOK倶楽部

kikunikuniki

講談社ノベルス

『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』

『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』

著者:喜国雅彦 国樹由香

発売年月日:2016/11/9単行本

定価:本体2,500円(税別)

購入する

本格ミステリ誕生175年目の衝撃!
日本推理作家協会賞受賞作家が放つ今まで見たことのないブックガイド!!

◎本当にお薦めしたい古典ミステリを選ぶ「H-1グランプリ」
◎読んで書いて覚える「エンピツでなぞる美しいミステリ」
◎本棚探偵が街なかで見つけた謎「ミステリのある風景」
◎みすを名言・格言集「ほんかくだもの」
◎名作をイラストで紹介「勝手に挿絵」
◎喜国雅彦の本を楽しむ姿を描く「国樹由香の本棚探偵の日常」

どのページを開いても、本格愛、本棚探偵への愛に溢れた一冊。
本書を読める幸せを享受しないなんてもったいないです。

私が『メフィスト』を買うたび、毎回真っ先に読んでいたのが喜国さん由香さんのこの連載でした。

喜国さんの「本格力」に唸り、笑って、勉強させてもらいながら(何度もなぞりましたとも!)、由香さんが見守る「本棚探偵の日常」にときめいたり、にやにやしたり、涙したり。
何かを失う悲しい涙ではなくて、幸せすぎて涙が出るような、そういう本格への愛、本棚探偵への愛が、どのページにも詰まっています。
お二人からのこの愛と想いが、皆さんのもとにもどうか届きますように。 ──辻村深月

担当者コメント

ミステリファンの皆さん、ミステリ作家の皆さん、大変お待たせしました。「メフィスト」の名物連載がついに単行本になります! 約9年の連載をまとめただけあって、536ページで背幅は約33ミリ! 見た目と手に持った重厚感も凄いですが、紹介されている作品数もバラエティ感も尋常ではありません。笑いながら本格ミステリの面白さを学べる、まさに「今まで見たことのないブックガイド」。ミステリ愛に溢れる喜国雅彦さんの日常をレポートした、国樹由香さんのエッセイとともにお楽しみ下さい。

『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『人類最強のときめき』西尾維新 『誰かが見ている』宮西真冬 『神の時空 -京の天命-』高田崇史 『しあわせな死の桜』竹本健治 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE