講談社BOOK倶楽部

asamikazushi

講談社ノベルス

『雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係』

『雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係』麻見和史
タオルに血で書かれたSOSを手掛かりに捜査を開始した刑事・如月塔子と相棒の鷹野。しかし彼らが発見したのは、監禁されすでに事切れた被害者だった。タオルを運んだ人物として捜査線上に浮かんだのは九歳の少年・優太。年の割に大人びていて、事件について頑(かたく)なに口を噤(つぐ)む彼は、なぜか塔子にだけ懐く素振りを見せる。これまで多くの特殊犯罪を解決に導いてきた捜査一課十一係―殺人分析班の捜査と推理が光る、人気警察ミステリシリーズ最新作!

『雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係』
著者:麻見和史
定価:本体900円(税別)
購入する

WOWOW連続ドラマW 「水晶の鼓動 殺人分析班」予告動画

PageTop

著者コメント

こんにちは、麻見和史です。『雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係』は、刑事・如月塔子たちの捜査活動を描いたシリーズの第八弾となります。
一般的な捜査一課ものでは、殺人事件が発生し、刑事たちが臨場して捜査本部が設置される、というストーリーが多いかと思います。本作ではその流れを変えて、執筆時、次の二点に挑戦しました。
まず、事件の端緒です。塔子は上司の命令で、SOSメッセージの書かれたタオルについて調べ始めます。まだ事件かどうかもわからないまま聞き込みを続ける、という展開はシリーズで初めてのことです。「どこで」「誰が」「何に巻き込まれているのか?」という謎から、物語がスタートするわけです。
そして二点目。今までこのシリーズでは、犯人にせよ被害者にせよ、成人の男女を描いてきました。しかし今回、事件の鍵を握るのはひとりの少年です。未成年者から事情を聴くには細やかな配慮が必要ですから、塔子が中心になって少年と接することになります。はたして彼は事件とどう関わっているのか。彼はどこへ向かい、何をしようとしているのか。雨の中、捜査員たちの緊迫した捜査が繰り広げられます。
このように本作は、従来私が描いてきた作品とは一味違ったものに仕上がりました。人として、刑事として、少しずつ成長していく塔子の姿を見守っていただければと思います。

PROFILE

麻見和史(あさみ・かずし)

麻見和史(あさみ・かずし)
1965年千葉県生まれ。立教大学文学部卒業。2006年に『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。大学での解剖学教室を舞台にした医療ミステリーで注目を集める。著書に『真夜中のタランテラ』(東京創元社)、『特捜7 銃弾』(新潮社)、『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』(幻冬舎)、『深紅の断片 警防課救命チーム』(講談社)がある。今後さらなる活躍が期待されるミステリー界の気鋭。

PageTop
警視庁捜査一課十一係 登場人物紹介
1) 尾留川圭介(びるかわ・けいすけ)
巡査部長。30歳。口が達者なムードメーカー。コンピューターに関する知識が深い。話好きで容姿もいいため、女性からの人気が高い。
2) 徳重英次(とくしげ・えいじ)
巡査部長。54歳。温厚な性格で、七福神の布袋さんのような体型。
3) 鷹野秀昭(たかの・ひであき)
警部補。32歳。塔子の指導にあたる。100円ショップを巡り、アイデア商品を買い集めることが趣味。
4) 如月塔子(きさらぎ・とうこ)
巡査部長。27歳。背の低さと子どもっぽい顔ゆえ、たまに周囲から「女の子」扱いされてしまうことが悩み。刑事だった亡き父を持つ。
5) 早瀬泰之(はやせ・やすゆき)
係長。46歳。捜査経験が豊富で部下からの信頼も厚い、十一係のリーダー。
6) 門脇仁志(かどわき・ひとし)
警部補。37歳。行動力に定評があるが、ときに強引な捜査を進めることもある。あだ名は「ラッセル車」。
PageTop

担当コメント

新米刑事・如月塔子の奮闘を描く本シリーズもついに八作目の登場です。今回、塔子と十一係が挑むのは、普通の住宅街で起きてしまった監禁殺人事件。これまでに彼らが解決してきた事件と異なるのは、九歳の少年が関係者だったこと……。事件について頑なに口を噤む少年と、塔子がどう向き合うのかも大きな読みどころです。ドラマ『水晶の鼓動』放送もいよいよ迫っています! 秋の夜長は、ぜひ十一係の面々とお過ごしください。

PageTop
既刊リスト
PageTop