講談社BOOK倶楽部

fukamireiichirou

講談社ノベルス

『倒叙の四季 破られたトリック』深水黎一郎

『倒叙の四季 破られたトリック』

著者:深水黎一郎

発売年月日:2016/4/6ノベルス

定価:本体820円(税別)

購入する

完全犯罪を目論む殺人者はどこでミスを犯したのか?
犯行現場で「物証」を見つけて下さい!

『最後のトリック』『ミステリー・アリーナ』の
メフィスト賞作家が放つ新たな「本格」の傑作!

懲戒免職処分になった元警視庁の敏腕刑事が作成した〈完全犯罪完全指南〉という裏ファイルを入手し、完全犯罪を目論む4人の殺人者。「春は縊殺」「夏は溺殺」「秋は刺殺」「冬は氷密室で中毒殺」。心証は真っ黒でも物証さえ掴ませなければ逃げ切れる、と考えた犯人たちの練りに練った偽装工作を警視庁捜査一課の海埜刑事はどう切り崩すのか? 一体彼らはどんなミスをしたのか。

担当者コメント

『最後のトリック』の大ヒットに続いて『ミステリー・アリーナ』が「2016本格ミステリ・ベスト10」の第1位に輝くなど、ミステリ界を席巻中のメフィスト賞作家が新作で挑んだのは「倒叙形式」。最初に犯人による殺害現場が描かれ、その後、警察などが捜査をして犯人に迫っていく、というドラマ『古畑任三郎』などでお馴染みの展開です。今作での犯人たちのトリックやアリバイ作りは精緻そのもの、どこに穴があるのだろう、と思うはず。また海埜刑事と往生際の悪い犯人たちの攻防も、大きな読みどころです。さあ犯人はどこでミスをしたのか、当たったときには快感が、当たらずとも唸ること間違いなし! またミステリ界を席巻するであろう「本格」の更なる傑作を、読み逃すことのなきように!!

『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『新・水滸後伝』(上)(下) 田中芳樹 『森籠もりの日々』森博嗣 『清らかな、世界の果てで』北里紗月 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE