講談社BOOK倶楽部

nakayamashichiri

講談社ノベルス

『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』中山七里

『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』中山七里

『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』
著者:中山七里
定価:本体1,600円(税別)

購入する

韓国船が沈没し、251名が亡くなった。その事故で、女性から救命胴衣を奪った日本人男性が暴行罪で裁判となったが、刑法の「緊急避難」が適用され無罪となった。一方、医療少年院時代の恩師・稲見が殺人容疑で逮捕されたため、御子柴は弁護人に名乗り出る。稲見は本当に殺人を犯したのか? 改めて問われる「贖罪」の意味とは?

文庫版同時発売!

『追憶の夜想曲(ノクターン)』

『追憶の夜想曲(ノクターン)』

孤高の悪辣弁護士と復讐を誓う名検事。
鬼気迫る法廷決戦!

定価:本体730円(税別)

購入する

絶賛発売中!

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』

史上最強・最悪の弁護士登場。
驚愕のどんでん返し法廷が開幕する!

定価:本体680円(税別)

購入する

刑法第37条
緊急避難とは

自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を越えなかった場合に限り、罰しない。ただし、その程度を越えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

前項の規定は、業務上特別の義務がある者には、適用しない。

著者メッセージ

シリーズの端緒となった『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』は〈裁かれない罪〉を通奏低音にしていた。それは物語を紡ぎ始めた頃に、猛烈に興味を惹かれたテーマの一つだったからだ。同書を刊行した際にもコメントしたのだが、世の中には人を殺しても罰が与えられないケースがある。戦争、刑法三十九条、少年犯罪、緊急避難、そして死刑である。このうち少年犯罪は『贖罪の奏鳴曲』で扱い、言葉足らずであった部分を第二作『追憶の夜想曲(ノクターン)』で補完した(従って第一作と第二作は二冊揃えて一つの物語と捉える向きもあるようだ)。そして先述した他の〈裁かれない罪〉も別作品で咀嚼していった。

そこでシリーズ三作目となる『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』でようやく緊急避難を取り上げることにした。緊急避難によって〈裁かれない罪びと〉となった人間。だが結局は法律以外のもので裁かれる宿命にあるそれはシリーズの主人公である悪辣弁護士・御子柴礼司に課せられた宿命でもある。〈裁かれない罪びと〉が同じ境遇の人間の犯罪を巡り、何を得、そして何を失うのか。御子柴礼司の贖罪の行方を、是非あなたの心で見届けてほしい。

PROFILE

中山七里(なかやま・しちり)
1961年、岐阜県生まれ。2010年『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、デビュー。近著に『嗤う淑女』『ヒポクラテスの誓い』『総理にされた男』『闘う君の唄を』『ハーメルンの誘拐魔』などがある。

書店員さんコメント

人間を突き動かす想いの強さと法の力の限界を痛感させられる
第一級のエンタメ作品だ!

三省堂書店営業企画室 内田 剛さん

この裁判員のひとりだったら苦悩するだろう。
人が人を裁く難しさを思い知った。

文教堂書店西葛西店 水野知博さん

かつての恩師を助けるため、心が揺れる御子柴がとても人間くさく
魅力的でした。

MARUZEN 名古屋本店 竹腰香里さん

一気読み間違いなし。
どんでん返しの連続です!

書泉グランデ 近藤茂樹さん

担当者コメント

「王様のブランチ」「ダ・ヴィンチ」などで絶賛され、WOWOWでドラマ化された『贖罪の奏鳴曲』。シリーズ3作目で大きな争点になるのは「緊急避難」です。10年前、沈没する船で女性から救命胴衣を奪い生き延びた男性。そして御子柴の恩師・稲見の殺人事件。繰り広げられる法廷劇は、これまでの2作以上に迫力満点! そして御子柴に「贖罪」の意味を説いた稲見は罪に問われるのか? 御子柴と稲見の「闘い」をご堪能ください! また第2作『追憶の夜想曲』の文庫版も同時刊行されますので、そちらのほうも読み逃しなきよう、お願いいたします。

『追憶の夜想曲』特集ページへ