講談社BOOK倶楽部

chikamotoyouichi

講談社ノベルス

『嵯峨野あやつり異聞 浄瑠璃グラン=ギニョル』 近本洋一

『嵯峨野あやつり異聞 浄瑠璃グラン=ギニョル』

著者:近本洋一

発売年月日:2015/12/16単行本

定価:本体1,600円(税別)

購入する

第48回メフィスト賞受賞
『愛の徴―天国の方角―』著者による受賞後第1作!

嵯峨野の高級リゾート「嵯峨野倶楽部」に併設された芝居小屋・嵯峨大黒座。
古浄瑠璃『阿弥陀胸割』を上演中、舞台上に現れた美しくも禍々しい死体。

そこで主役の主遣いをつとめる若手国際派俳優・酒井純哉は、華やかで才能に溢れた経歴を持ちながら、何故かいつも死の影を感じさせるのだった。閉ざされた空間で浮き彫りにされる人々の内と外。元外科医で「東雲流」五代目、人形遣いの東雲蔵一が見極める事件の本質とは。

人形浄瑠璃を題材に新鋭が描く彷徨する魂たちの物語。

担当者コメント

『愛の徴―天国の方角―』で第48回メフィスト賞を受賞した近本洋一氏、デビュー後第1作です。前作が17世紀フランスと近未来の沖縄を舞台にした壮大な物語であったのに対し、新作は京都嵯峨野を舞台にした静の物語です。表面は静かですが、心の振り幅は大きく、表と裏、虚と実が万華鏡のように展開していきます。古浄瑠璃『阿弥陀胸割』を題材に魅力的なキャラクターが織りなす物語をご堪能ください。

『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『新・水滸後伝』(上)(下) 田中芳樹 『森籠もりの日々』森博嗣 『清らかな、世界の果てで』北里紗月 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE