講談社BOOK倶楽部

nakazatoyuka

講談社ノベルス

『みがかヌかがみ』 中里友香

『みがかヌかがみ』

著者:中里友香

発売年月日:2015/11/10単行本

定価:本体1,700円(税別)

胡乱な因習 熾烈な因果

謎めいた因縁のねじれは、正すことができるのか。
アガサ・クリスティー賞、日本SF新人賞、受賞作家の最新作!

「そしてわたしを必ずここから連れ出してくださるわね」
「姫様よ、ご心配には及ばない。たおれようとも幾度でも起きあがり、どこまでも貴女をおぶっていく」(本文より)
 生者と亡者、二つの世界がいびつに交差する。めぐり会い、別れ──比類なき因縁奇譚。

担当者コメント

本作は、大正時代と、死に堕ちた者が行く着く先「不来方(こずかた)」──二つの世界がいびつに交差する様を描く、読み応えある和風ファンタジー作品です。作品世界を映す美しいイラストはイラストレーターのにしざかひろみさんに描いていただきました。ぜひお読みください。

『#柚莉愛とかくれんぼ』真下みこと 『希望と殺意はレールに乗って アメかぶ探偵の事件簿』山本巧次 『家族パズル』黒田研二 『QED 憂曇華の時』 高田崇史 『カエルの小指 a murder of crows』道尾秀介 『創竜伝14 <月への門>』田中芳樹 『カナダ金貨の謎』有栖川有栖 『犯人選挙』深水黎一郎 『法月綸太郎の消息』法月綸太郎 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 高田崇史ONLINE