講談社BOOK倶楽部

mitsudashinzo

講談社ノベルス

『誰かの家』三津田信三

『誰かの家』

著者:三津田信三

発売年月日:2015/7/6ノベルス

定価:本体900円(税別)

購入する

……厭な感じやなぁ
忍び込んだ幽霊屋敷で少年を待ち受ける怪異

家出少年が、計画した空き巣狙い。
悪乗りした友人が侵入先として見つけてきたのは、近所でも有名な幽霊屋敷だった。
躊躇する少年に友人は、屋敷を隈なく探検してくれば金を出すという。
設備は整っているのに生活感皆無で迷路のような屋内には、
白いシーツをかけられた何かが、大量に置かれていた(表題作「誰かの家」)。
日常生活の裂け目にある怪異が、チロリと顔を覗かせる。
思わずぞおっと背筋が寒くなる怪奇短篇6篇を収録。

担当者コメント

 いつもの帰り道、ふと道順を変えてみたら知らない場所についてしまった。そこは、角度を変えてみれば見慣れた風景に戻るかもしれないし、二度と元には戻れないのかもしれない。そんな日常と地続きの隙間にある怖さを描く6篇を収録した短篇集です。ぞっとする読書体験をどうぞ……。