講談社BOOK倶楽部

mitsudashinzo

講談社ノベルス

『誰かの家』三津田信三

『誰かの家』

著者:三津田信三

発売年月日:2015/7/6ノベルス

定価:本体900円(税別)

購入する

……厭な感じやなぁ
忍び込んだ幽霊屋敷で少年を待ち受ける怪異

家出少年が、計画した空き巣狙い。
悪乗りした友人が侵入先として見つけてきたのは、近所でも有名な幽霊屋敷だった。
躊躇する少年に友人は、屋敷を隈なく探検してくれば金を出すという。
設備は整っているのに生活感皆無で迷路のような屋内には、
白いシーツをかけられた何かが、大量に置かれていた(表題作「誰かの家」)。
日常生活の裂け目にある怪異が、チロリと顔を覗かせる。
思わずぞおっと背筋が寒くなる怪奇短篇6篇を収録。

担当者コメント

 いつもの帰り道、ふと道順を変えてみたら知らない場所についてしまった。そこは、角度を変えてみれば見慣れた風景に戻るかもしれないし、二度と元には戻れないのかもしれない。そんな日常と地続きの隙間にある怖さを描く6篇を収録した短篇集です。ぞっとする読書体験をどうぞ……。

『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『転生(てんせい)の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿』 講談社ノベルス鉄道ミステリフェア開催! 『南柯の夢 鬼籍通覧』 『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE