講談社BOOK倶楽部

saihatetahi

講談社ノベルス

『かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。』最果タヒ

『かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。』

著者:最果タヒ

発売年月日:2015/2/24単行本

定価:本体 1,500円(税別)

購入する

少女たちは、いつだって青春を戦っている。
詩集『死んでしまう系のぼくらに』で世界を震わせた、
今、最も注目される詩人・最果タヒが紡ぐ、初めての長編小説――

だれと友達になりたいとか、だれはいやだとか。ちょっと気持ち悪い。「友達は選ぶものじゃないです!」私は叫ぶ。だけど、そんな私もうまく考えることができないでいる。友達って、友情って、……なに?

だけど、私はあの子のことがとっても大事だから、私が答えを導きださなければいけない。私がふるおうとしているものが、正義なんかじゃなくて身勝手な暴力だとしても、その可能性を、その責任を、その汚さを、背負うことが力をふるうってことだと思うよ。それでもいいからふるいたい暴力を私はふるう。私は凡人だから、自分と大切なあの子のために力を使うんだ。
どこにでもありそうで、どこにもない、たったひとつの女の子たちの物語。



『かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。』最果タヒ

担当者コメント

今回の物語をイメージした詩を、最果さんにお書きいただきました。

きみがぼくに使うかわいいという言葉が、ぼくを軽蔑していない、その証拠はどこにあるんだろう。好きとも嫌いとも言えないなら、死ねって言っているようなものだと、いつだってきみは、怒っている。ぼくは、きみを好きでも嫌いでもないまま、優しくありたい。かすかな、死の気配でありたい。
愛情で語れる友情は、ただの代替品でしかない。

 

きみが孤独なふりをするあいだ、ぼくはきみと友達でいる。光る波がおしよせて、ひいていく。きみの足首がぼくと同じで、ただそこにあることを、だれにも証明ができない。
孤独になれば、特別になれると、思い込むぼくらは平凡だ。制服がかろうじてぼくらを意味のあるものにしてくれる。
きみは、どんな大人になるかな。
あたりさわりのない、この世にいてもいなくても変わりない、誰かになるのかな。
幻滅が存在しないのは、友情だけだよ。海が告げる。きみは立っている。
ぼくの友達。
(詩・最果タヒ)

友情ってなんだろう。青春ってなんだろう。言葉で定義しようとすればするほど逃げていくそれらを、ひとつの箱に閉じ込めたら、こんな物語ができあがりました。

『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『転生(てんせい)の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿』 講談社ノベルス鉄道ミステリフェア開催! 『南柯の夢 鬼籍通覧』 『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE